TREVOのスタッフブログ

Blog
2014.10.24.

ホームページ ( サイト ) を運営する上で参考になる本

20141024
自社でホームページ運営の担当スタッフを育てる時に、まずは読んでおいた方が良い弊社にある書籍を紹介していきます。

毎月、SEOやホームページ制作に関する書籍を数冊購入しているのですが正直ネットの情報の方が速い場合があるのは事実です。

それでも、紙の本でじっくりと書き込みながら読めるのが本の最大の特徴です。特に勉強する際には、私は本の方が好きです。

毎月、数冊の本を読んでいる(流し読みが多いです…)私が、もし新しくWEB担当者を育てるとしたら、どの本を勧めるかを紹介したいと思います。

 

ここで紹介する本は、あくまでweb担当者であって、制作者ではありません。運営スタッフです。

 

小さな会社のWeb担当者になったら読む本 ―ホームページの制作から運用・集客のポイントまで

長いタイトルですね。タイトル通り、そのままで運用とソーシャルの活用方法の基礎を紹介している本です。

会社によっては、ソーシャルの部分は必要ありませんが、運用という視点は勉強になります。その他にも、アクセス解析の重要性やメールマガジン、ソーシャル運用などすべてが連動してこそネットでのホームページ運用が活きて来るという事が分かる点が良いですね。

 

これからはじめる SEO内部対策の教科書

こちらは、seo対策の教科書と思われがちですが、自社ホームページを更新する内部対策に関する書籍でもあります。

自社コンテンツを強化する事がSEO対策としても大切なポイントとなっている昨今では欠かせない書籍です。

いかに自社のコンテンツを強化していくのかを学ぶ事が出来ます。

 

Webマーケッター瞳

manga_marketer_title

こちらは、書籍化されていないのですがWEB漫画として見る事が出来ます。

webでのマーケティングを通じて、ホームページ ( サイト ) を成長を描いたストーリーとなっていて、いかにホームページ ( サイト ) を成長させる事が難しいかを知る事が出来ます。

それと同時に、成長の過程を学ぶ事も出来ます。

現在、シーズン4迄読むことが出来ます。

 

まとめ

ホームページ ( サイト ) の運営担当者がいなくて、ホームページ ( サイト ) が死んでしまっている会社も多いのではないでしょうか?

ホームページ ( サイト ) も使いようによっては、有益な営業ツールとなります。

当社の仕事は全てこのサイトから入ってきており、営業マンは一人もいません。

今回は3冊紹介しましたが、まだまだ紹介したい本は有ります。今後も定期的に、紹介記事を更新していくのでよろしくお願い致します。