TREVOのスタッフブログ

Blog
2015.01.08.

初めてのwindowsタブレット SI02BF を購入

20150108001
年末に話題になっていたビックカメラ独占のwindowsタブレット『インテル、はいってる』タブレット2(型番 SI02BF)を購入してみました。
このタブレット、12月30日に発表され年明けの早い段階で売り切れになったタブレットです。
売り切れになった理由は価格が19,800円にもかかわらず、2GBのDDR3Lメモリやディスプレイ解像度が1,920×1,200ドット(IPSパネル)だったりと、他の同じ価格帯のタブレットよりも性能が圧倒的に高い事です。
バッテリーやカメラ等が弱いという点もありますが、このスペックだと3万~5万円クラスのタブレットとも張り合えると思います。

スペック

プロセッサー : インテル®Atom™プロセッサー Z3735F
メインメモリ : 2GB
ストレージ : 約64GB
ディスプレイ : 8inch TFTカラータッチスクリーンIPS液晶 WUXGA(1920×1200 ドット)
インターフェース : microUSB、microSD、microSDHC、HDMI端子
カメラ : 背面500万画素、前面200万画素
重さ : 約340g

 

使用感

20150108002

まだ、そんなに利用はしていないですがwindowsが8インチタブレットで利用できることに驚いています。
SEOチェック用のソフトウェアを入れてみたり、windowsliveメールの設定をしたり、普通のパソコンと同じですが、画面の解像度が高いのでクリックが難しく感じます。
これも慣れだとおもうので、もう少し使用してみようかと考えています。
画面の解像度が高いので、画面に入る情報量も多く満足しています。

今の所、ストレスなくキビキビと動いているので不満は全くないです。
このスペックだったら、もうすぐリリースされるwindows10でも問題なく動くとおもうので、アップデートしたいですね。

マイクロUSB経由でキーボードとマウスを繋げてHDMIでモニタに出力すれば、ノートパソコンと変わらと思います。
このタブレットは、テスト機として購入したので、私のメインパソコンとしては使用するつもりはないのですが、ゆくゆくはWindowsタブレットを持ち歩きたいと感じています。
ただ、大切な情報を扱う仕事なのでメインはデスクトップというのは変わらないかなとも考えています。