ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社、株式会社トレボ
TREVO(トレボ)

TREVOのスタッフブログ

Blog
2017.09.08.

ブログの運営におけるメリットとデメリット

SEO対策 テキスト 今の時代、ブログの運営をおこなっている方も多いでしょうし、ブログの運営に興味を持っている方も多いでしょう。 ブログの運営に限ったことではないのですが、物事にはいい面もあれば悪い面もあります。 ここでは、ブログの運営におけるメリットとデメリットについてご紹介していきたいと思います。メリットとデメリットを知った上で、ブログの運営をおこなっていきましょう。  

ブログの運営におけるメリットは?

checklist-1266989_1280

まずは、ブログの運営におけるメリットについてです。 ブログの運営におけるメリットとしては、ブログの運営のために得る知識やスキルが挙げられます。これは実際にブログを運営してみるとよくおわかりになるでしょうが、ブログの運営というのはこだわろうと思えばどこまででもこだわることができます。

 

何の装飾もないシンプルなブログにただ好き勝手に書いた記事を投稿するということももちろん可能なのですが、そこからブログの装飾を考えたり、記事の内容や構成を考えたりすることもできるのです。   こだわろうと思ったら本当に際限なくこだわることができるのですが、こだわるためには知識やスキルが必要になってきます。

人から教えてもらうのは簡単ですが、自分で試行錯誤しながら進めているからこそしっかりと身についていきます。ブログの運営で試行錯誤した経験というのは、その後に活かせる知識やスキルとしてしっかりと残っていくのです。 また、ブログの運営をしていると世の中の傾向というものをつかむことができます。

 

今の時代、誰もが何か知りたいと思ったらインターネットを利用するものです。つまり、インターネットには世の中の最新の動きが反映されるのです。何かのキーワードで検索して運営しているブログにたどり着く方もいます。ブログにどのような人がアクセスしているのか、どういうキーワードでアクセスが増えているのかということによって、世の中でのリアルタイムな傾向というものを把握することができるのです。 もちろん、インターネットという情報の海から運営しているブログにたどり着いた方との交流というのもひとつのメリットといえるでしょう。

 

ブログの読者との交流から得られるものもたくさんあるものです。場合によっては、ブログの読者同士での交流もスタートするかもしれません。人の縁がどんどんつながっていくのを見られるのはなかなか興味深いものです。  

ブログの運営におけるデメリットは?

csss85_zangyoumonita20131019_tp_v 先ではブログの運営におけるデメリットについてお話ししました。ただ、メリットばかりというわけにはいきません。ブログの運営にはデメリットもあるのです。

ブログの運営におけるデメリットとしてまず挙げられるのがブログ記事の悪用です。というのも、運営しているブログの記事がとても良質なもので、アクセス数も多いとなってくると、真似しようとする人が出てくるのです。   実際に、コピーサイトのような形で丸々真似されてしまうケースも少なくありません。運営しているブログがその人気を高めていけば高めていくほど、こういったリスクは大きくなってきます。真似されてしまうと、やはり運営しているブログにも影響が出てきます。

 

例えるのであれば、ゲームの中で一生懸命に育てて最強にしたモンスターを横取りされてしまうようなものです。 また、運営しているブログの読者とのトラブルというのもデメリットになってくるでしょう。   もちろん、絶対にトラブルが起こるというわけではないのですが、人気のブログになると閲覧する方も多くなりますし、読者としてコメントを残すような方も増えてきます。多くの方が集まって、それぞれが発言をするとその発言がぶつかり合うこともあります。

 

あくまでも冷静な議論としておさまってくれればいいのですが、インターネット上でそううまくおさまることはありません。どうしても感情的になってしまう部分がありますので、考え方の違う読者同士でトラブルに発展してしまうケースも少なくないのです。

 

 仮に、それにブログの運営者が関わっていなくともとばっちりを受けてしまう可能性というのは大いにあります。実際に、運営しているブログのコメント欄などで読者同士が言い合いになってしまうとそれがそのまま運営しているブログのイメージにつながってしまうこともあります。 あとは、ブログの読者との交流に運営者がはまり込んでしまうと、インターネット上での人間関係がどんどん重荷になるということもあります。最初からほどよい距離感でやりとりできればいいのですが、自分が運営しているブログというのはやはり愛着がわきますし、思い入れも出てくるでしょう。だからこそ、こういったリスクも出てくるのです。


SEO対策