ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社、株式会社トレボ
TREVO(トレボ)

TREVOのスタッフブログ

Blog
2015.07.11.

今年も半年を切りましたIE8が2016年1月にサポートが終了します。

20150710-1ホームページ制作の仕事をしているとブラウザのシェア率等なにかとブラウザの動向が気になり調べる事が多いです。
そんな中、2014年8月に米Microsoftから2016年1月12日にIE8のサポートを終了するとアナウンスがありました。

IEへアップグレード

ご存じない方も多いかもしれませんが、OSのサポート期限があるように、ブラウザにもサポート期限があります。
この場合IE8は2016年1月13日以後はセキュリティパッチが(無償では)提供されなくなります。
特にIEはWindowsの標準搭載のブラウザなので利用している人も多いブラウザです。
対策としてMicrosoftでは各OSで利用最新バージョンへのIEへアップグレードを推奨しています。
例として、Windows 7 SP1を利用している場合は、Internet Explorer 11(IE11)へのアップグレードが推奨されています。
 

利用しているWindows OSInternet Explorer バージョン
Windows Vista SP2Internet Explorer 9
Windows Server 2008 SP2Internet Explorer 9
Windows 7 SP1Internet Explorer 11
Windows Server 2008 R2 SP1Internet Explorer 11
Windows 8.1 UpdateInternet Explorer 11
Windows Server 2012Internet Explorer 10
Windows Server 2012 R2Internet Explorer 11
Windows 8Windows 8.1 へ
アップデートが必要です

 

どうしもアップグレードできない場合

中には企業内システムでIE8を利用してる環境だと、IE8でしか正常にシステムが稼働しない事もあり簡単にアップグレードをする事ができない場合もあります。
そういった場合、IE11に搭載された「エンタープライズモード」を活用する事で対応出来るようです。
(エンタープライズモードも万能ではなくシステムの仕様によっては正常に作動しない場合もあります)

 

まとめ

セキュリティ対策がないまま、インターネットに接続する行為は非常に危険でリスクが高いです。
IE8を利用している方は早くアップグレードをすることをお勧めします。

ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社