TREVO(トレボ)

TREVOのスタッフブログ

Blog
2016.01.12.

macをメイン環境にして半年、windowsメインに戻そうと思います。

20150616-1
macをメイン環境にして半年が経った結果、メイン環境をwindowsに戻す事にしました。
とは言っても、mac環境も必要なので同時に使っていこうかと考えています。

windowsに戻る理由

20150223001

macbookproと言えどもマシンのパワー不足でイライラする事があった為です。
年末に動画編集の仕事が入って来た時に、編集した動画書き出しに時間がかかったのが考え直すきっかけとなりました。
私のmacbookpro (15-inch, Early 2011) は、corei7、メモリ16gb、ssd512gbの1,680×1,050高解像度非光沢ディスプレイのモデルを使用していました。
5年前のモデルなのでスペック的に買い替えの時期ではあったのですが、以前使用していたcorei7 2700kのデスクトップPCに最新のグラフィックボードを載せて40インチの4kモニタを買った方が快適に仕事が出来るんじゃないかなと思い、macbookproの買い替えは辞めました。

macbookproを購入すれば、25万円は軽く超えて来るので、40インチの4kモニタとグラフィックボード合わせても10万ぐらいなのを考えれば、後者の方が良いかなと思いました。

ちなみにiMacはモニタ一体型PCなので、毎回モニタを捨ててしまう事になるので個人的に好きじゃないので視野には入れておりません。
ノートパソコンだって同じじゃないかと言われればそうなので言い返せませんが、ノートPCは外でも利用するというコンセプトなのでモニタがついて来るのは仕方ないかなと思っています。

 

windowsに戻ろうと決断出来た理由

20150223002

40インチ4kモニタも理由の一つなのですが、「sharemouse」というソフトに出会ったのが大きな理由です。
これまでmacbookpro含めてモニタ3台の体制で作業を行っていただのですが、この「sharemouse」というソフトを試したところ、一つのマウスでwindowsとmacbookproを操作できたので、これまでのマルチモニタ環境に近い形で作業が出来たのがメインをwindowsPCにしようと決めました。

このソフトがあれば、macbookは基本的にメール専用にして、打ち合わせ時等にadobe系のソフトでイラレやフォトショが開ければ十分じゃないかなと思っています。
もう少し試してから結論を出すつもりですが今の所不満もないので、このままこの体制で続行しそうです。

 

まとめ

macもwindowsもOSとしてはどちらも大差がないと思います。
マルチデスクトップ等の機能もソフトを入れれば実現できるので、お互いの環境に近づける事は簡単です。
後はPCを使ってどの様な事がしたいかを見極めてモチベーションを高く保てる、本当に必要なパソコンを購入する事がより良い制作環境を整える事が大切なのでは無いでしょうか?