TREVOのスタッフブログ

Blog
2016.01.07.

TREVOのサイトをhttpsにしました。

2015010701
Googleが推奨しているSSL(Secure Sockets Layer)と呼ばれる、インターネット上で通信を暗号化する技術です。
一昔前では、お問い合わせフォームだけをhttps化するなんていうのが流行っていた時期もありました。
現在では、大きな会員を囲っているサイト等がhttps化している事が多いです。

SSL化のメリット

なぜSSLが良いのと言うと
・本物のサイトだという証明
・盗聴(お問い合わせフォーム等)の防止
・Googleが推奨している技術だから
の三つぐらいではないでしょうか?

SEOとしては、Googleがどのくらい影響が出るのか明言していないので効果は不明です。
ですが、会社としての信用を考えた場合、SSLにしておくとユーザーによっては安心感を持ってもらえるのではないでしょうか?

 

SSL化のデメリット

これまでのリンクが無効になります

弊社の場合は、wpでサイトを構築しているので、ブログや個別ページ内での内部リンクのURLを全てhttpsに変更しなければなりませんでした。
mySqlでの一括変換ではあるものの、最後は人の目でチェックする必要があるので大変です。
外部のサイトに関しても、全てリンクをhttpからhttpsに変更する必要がありこちらも面倒な作業でした。

イイね等のリンク対策もしっかりとする必要があります。
しっかりとリダイレクトされるように設定しておかないと無効になってしまうので気をつける必要があります。

 

SSL証明書を毎年購入しなければならない

証明書のグレードによって金額違い、年間数千円のものから数十万円のものまであります。
種類もドメイン認証や実在認証といった物もあり、それぞれでコストが変わってきます。

 

SSLは処理が重いと言われている

これは昔から言われている事なのですが、SSLにするとサーバーに負担がかかり遅くなるという事です。
現在では、体感的にもわからないぐらい遅延は無くなっていると思います。

 

まとめ

Googleが推奨している事に関しては、前もって対応しておいたほうが良いと思います。
スマホサイトに関しても、3から4年かけて忠告をし続けて、ある日突然検索アルゴリズムの中にスマホサイトの有無でランキングが変わるというアナウンサがされました。
先日、httpとhttpsで同じ内容の情報が公開された場合、httpsのインデックス化を優先するという発表があったので、徐々にhttps化しているサイトを優遇する前準備を進めていると思います。