TREVO(トレボ)

TREVOのスタッフブログ

Blog
2015.09.17.

新規ユーザーとリピーターの割合とサイト内行動の差をweb制作に役立てる

新規ユーザーとリピーターの割合とサイト内行動の差をweb制作に役立てるホームページに訪れる新規ユーザーとリピーターでは、ホームページに訪れた動機や意識が異なります。
ホームページの運営者としては、それぞれのユーザーに合して適切なアクションへ導けるようにしなければなりません。
新規ユーザにはリピーターになってもらうために様々な仕掛けが必要になり、リピーターには飽きさせないようにホームページを更新し続ける必要があります。

 

新規ユーザーとリピーターの傾向

201506081

 新規ユーザーリピーター
直帰率高い低い
滞在時間短い長い
ページビュー少ない多い
コンバージョン低い高い

表からみてとれるよにリピーターはサイトを信頼しているためサイト内を巡回してくれ積極的にサイトを利用してくれます。新規ユーザーにとってはたサイトの信頼も低いので様子見かまたは使い勝手が分かっていないので、積極的にサイトを利用してくれません。もしくは偶然アクセスしただけで興味が無いとも考えられます。

 

新規ユーザーに興味をもってもらう

サイトの成長には新規ユーザーをいかにリピーターになってもうかがポイントとなります。
メルマガ登録、会員登録や初回入会キャンペーン行ったりして一定の行動をしてもらうことで、心理的にサイト利用のためらいを下げることが必要です。

 

リピーターにはコンバージョンへの誘導

新規ユーザーと異なりリピーターの場合はコンバージョンへの誘導を高めたいところです。ECサイトであれば、新規ユーザーに比べリピーターは商品の購入をしてくれる可能性が高いです。
リピーターがサイトにアクセスしてくれるのは、興味のある情報が掲載しているからです。リピータに満足してもらうために管理者は常にホームページを更新することが大切になってきます。

 

まとめ

新規ユーザにはリピータになってもうため、リピーターにはコンバージョンしてもらうためにそれぞれ異なるコンテンツが必要になります。
新規ユーザ、リピータともに満足してもらうためにバランスのよいホームページ制作を心がけましょう。