TREVOのスタッフブログ

Blog
2014.05.20.

動画制作の難しさと楽しさ

20140520-1

ホームページの制作は、ディレクターとデザイナーで制作できます。またによってはデザイナーのみで仕事が完結することもあります。
動画は制作するには、ディレクター、カメラマン、照明、編集とそれぞれ役割のスタッフが必要になり動画内容によっては、ナレータやモデル、依頼したお客様自身がにインタビューに応えて頂いたりなど多くの人の協力が必要です。
そのため、クリエーティブなこと以外に、時間の調整や機材やスタジオの確保など多くの下準備が必要になります。

動画制作のポイント

20140520-2

・シナリオ、絵コンテの作成(この作業で撮影に必モノや登場人物が分かり、流れや内容が分かります)
・時間調整(出演して頂く方の撮影当日の時間を割りを考える)
・野外撮影時の天候(予備日または代替え案を用意)
・音楽の選定(シーンによって、明るい楽しい、静かな曲等を決めます)
・ナレーターの選定(男女、落ち着いた人、元気な人等、映像によって変わる)
・編集(必要な素材が撮影出来ない場合の対処など)

動画には、動画の善し悪しを決める要素が沢山ありますが特に、音楽とナレーションで動画の印象がガラッと変わります。
明るい雰囲気のシーンに、落ち着いた雰囲気の音楽を使うと違和感のある映像になり、ナレータの声質によっては商品や会社の印象が変わったりします。
動画は目で見るものですが、耳でも感じ取るコンテンツです。
そのため音楽の選定とナレーターの選定は動画制作の中でも重要な作業の一つになります。

動画制作の魅力

動画はストーリーを考えて制作していますので、予定外の変更があると他のシーンとの繋がりを考えなくてはならず編集点を考え直す必要があり動画制作ならではの難しさがあります。
しかし、のそ変更が意外に面白いストーリーになり魅力的な動画に仕上がったりすることもあります。
それが印刷やWEB制作と違う動画制作の魅力であり楽しさでもあります。

動画制作の難しさ

・撮影スケジュールが予定通り進まない場合がある
・野外撮影場合天候に左右される
・予定の撮影時間オーバーして、他のシーンの撮影時間が無くなる場合がある
・編集後、撮影していないシーンの追加になり、後日撮影が必要になる
・動画時間が予定より長くなりカットするシーンを選定する
・編集で尺が足りない事がある

まとめ

動画はストーリーを考えて制作していますので、予定外の変更があると他のシーンとの繋がりを考えなくてはならず編集点を考え直す必要があり動画制作ならではの難しさがあります。
しかし、のそ変更が意外に面白いストーリーになり魅力的な動画に仕上がったりすることもあります。
それが印刷やWEB制作と違う動画制作の魅力であり楽しさでもあります。