ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社、株式会社トレボ
TREVO(トレボ)

TREVOのスタッフブログ

Blog
2013.12.06.

写真撮影で照明の有無でクオリティは大きく変わります。

商品を撮影する時に、照明があるのと無いのとでは写真の出来が大きく変わります。photoshop等で後から加工すればよいという考え方もあるかもしれませんが、照明をうまく使えば商品をより立体的で魅力的に撮影する事が可能です。
光量が少ないとどうしてものっぺりとした写真になってしまいますが、照明で明るく照らす事で、写真加工では表現できない立体感を出せるようになります。
フラッシュを使うのも一つですが、正面からフラッシュを使うと素人っぽい写真になってしまうので、手でフラッシュを軽く覆ったり、鏡で光を後ろに拡散させるだけでも、移り方は変わってきます。
商品を撮影する際には、出来るだけ明るく光量の多い所で撮影するとクオリティがアップするので試してみて下さい。

ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社