ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社、株式会社トレボ

TREVOのスタッフブログ

Blog
2015.07.10.

ホムページ制作 で気になるスマホのシェア率の動向

20141016
最近のホームページ制作とスマホサイトの制作はセットでの受注が多くなってきております。
そこでも気になるのがスマホや携帯電話の出荷台数の動向です。
最近は、android、iPhoneの主要ブラウザで異なった表示で崩れるという事は無くなって来ましたが、それでも人気の機種やメーカーでのテスト環境を持って置くのは大切な事です。
スマホサイトを制作した際にある程度チェック環境を持って置くと、制作者側としても安心できます。

IDC Japanが調査した、2015年第1四半期(1~3月期)の国内の記事はこちら
2015年第1四半期 国内携帯電話/スマートフォン市場実績値を発表

 

携帯電話メーカー別シェア率

図:IDC Japanより参照

この図を見ると京セラとシャープのシェア率が高いのが驚きです。
それとAppleのシェア率は半分以上かと思いきや4割程度なのも意外ですが、これはメーカ別のシェア率でガラケーも含まれるので、スマホだけで見ると数字は大きく変わってきます。
携帯の出荷率で見ると、Appleのシェア率は4割程度なんですね。

 

 

国内スマートフォン出荷台数 ベンダー別シェア

図:IDC Japanより参照

こちらの図が弊社としてはすごく気なります。
弊社でのホームページ制作では、ガラケー専用ページは今年と去年で制作した覚えがありません。

やはりAppleが過半数を取得していて、次に人気なのがSonyのexperiaシリーズですね。
それもで、昔に比べれはほぼ半分がandroidとなっているので、徐々にandroidスマホのシェア率が日本でも上がっているとおもいます。

私がいつも感じているのは、海外で平均的なシェア率のものが日本では数年遅れでやってくると言う事です。
facebook、chromeブラウザ等もそうですが、緩やかにですが数年かけてスマホも海外と似たようなシェア率に落ち着くのではないでしょうか?

私も、iPhoneからandroi(xperia)に乗り換えました。
androidOSが安定して使いやすく、革新的な機能も増えてきたのが影響しているのかもしれません。
私のまわりでも少ないですが、androidスマホに乗り換えている友人が増えているので、緩やかにandroidのシェアが増えていくと思います。

ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社