大阪のホームページ制作会社 株式会社TREVO
                   
スタッフブログ

10月にGoogle検索がアップデートされました

2019.11.19.

SEO

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

 

10月にGoogleがアップデートについて公式ブログで公開しましたので、この中で、気になったことや感じた事を記事にしてみました。
Googleウェブマスター向け公式ブログ

コンテンツに集中について

2017年ごろから言いわれている事ですが、コンテンツのボリュームを増やす為に内容無い記事を書いても検索順位は上がりません。
現在でも検索順位が上がることもありますが、最終的には内容の無い中途半端な記事は淘汰される事が予想されるので、せっかく記事を書くなら初めから質の高い良い情報を出しましょう。
 

質の高い良い情報とは

1.オリジナル性のある記事
2.付加価値のある記事
3.誇張されていない記事
などが挙げられます。
 

オリジナル性のある記事

オリジナル性とは、例えば弊社のスタッフブログの場合はWEB制作に関連する記事を多く書いています。
記事の内容はこれまでの弊社スタッフの経験した事や調べたことに基づいて書いています。
これがオリジナル性となり質の高い価値のある記事となっています。
 

・付加価値のある記事

付加価値とは、調べと事やなど単なるコピーした文章ではなく、独自の情報や分析を提供して独自性のある内容になってることが大切です。
TREVOの場合は、WEB制作での成功、失敗の経験した内容の記事が付加価値となっています。
 

誇張されいない記事

例えば簡単に稼げるなど簡単に誰でもできるといった内容の記事もありますが、実際にやってみるとしんどい作業や思い通りに出来ずに苦労することも多々あります。
誰でも簡単に出来る、稼げるなどのコンテンツ内容の誇張表現はよくないです。
 
現段では適当に書いた記事でも上がる可能はありますがいずれ消える運命にあります。
それでは今まで積みあげてきたものが一瞬で消える事も考えられます。
今後の事を考えると、内容のある記事を書く事が大切になります。
経験に基づいた付加価値のある情報を出していきましょう。

専門性の高い内容を発信

googleは2018年ごろから専門性の高い記事をかなり意識しています。
その理由は今の検索結果がgoogleの意図した記事が検索結果の上位に表示されないからです。
 
例えば「〇〇の病気の直し方」の記事がある場合
その病気の事を検索する方は、藁にもすがる思いで検索します。
検索家結果に「このサプリメント飲めば直ります」などの記事が上位に表示していると試してみようと思ったりする方もいます。
正直2018年ごろまでは「○○病気の直し方」で検索すると、医学的根拠が無いサプリメントが売られているサイトが上位に表示されたりしています。
記事の内容も医学的根拠がゼロのものだったりします。
 
googleはこういった記事を検索結果から消そうとしています。
その指標になるのが、権威性、専門性がありサイトが信頼され広く認識されているかとなり、それがサイトの良い評価となります。
以前は、被リンクが多いサイトほどgoogleは人気があるサイトと判断していましたが、現在は信頼できる第三者に正しく評価されるとが大切です。
最近では、SNSなので、このサイトはいい事を書いているなどの評価しているところからのリンクを判断基準の一つとしているのですが、ただ誰でもSNSなどで評価してもサイトの評判が上がるわけではありません。
信頼出来るきちんとした方が評価すると上がりやすくなります。誰が誰に追及したかで評価が変わります。

外注の量産記事をやめる

いままでは記事を量産するとがSEOの攻略法と考えられていましたが、最近のgoogleはそれはダメだと言っています。
例えば、ある企業が大量に外注記事を発注して、1日でなん十件も記事をアップするとSEOは効果的でした。
これからは、いくら1日にSEOの為だけの内容の無い記事を沢山の記事をアップしても検索結果には反映されにくくなります。

まとめ

重要なのは、サイトを見る人に有益な情報を提供する為に専門性のある質の高い内容のコンテンツを作る事が大切です。
そうすることによってサイトの評価は上がり効果的なSEOとなります。

twitter Facebook Pocket LINE はてブ
                   

関連の記事