ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社、株式会社トレボ
TREVO(トレボ)

TREVOのスタッフブログ

Blog
2018.07.23.

Googleアナリティクスのデータ共有のために知っておくべき事。

グーグルが提供している様々なサービスの中で今回はグーグルアナリティクスのユの他ユーザーとのデータを共有するための方法をご紹介します。
これを知っておくと自身で面倒な解析をすることから解放され、協力関係を持つ会社やスタッフ、社員の力を借りる事が可能になりますね。
権限なども設定できるので、協力関係の会社や外部の方の意見などを聞きたいときは権限を下げてみてもらう事も出来るので、知っておくと便利な機能です。

データのすべてを共有する

グーグルアナリスティックスに登録しているすべてのサイトを共同で分析する場合にこの方法が適用されます。            

1.まずはグーグルアナリスティックスの「管理」をクリックします。

 

2.「アカウント」の列にある「ユーザー管理」をクリックします。

 

「権限を付与するユーザー」に、共有する相手のアドレスを入力します。

 

権限の範囲を選択します。ここでは共有するレベルを以下の4種類を組み合わせて設定することができます。

 

編集の中には「共有設定」と「表示と分析」の権限も含まれています。また「共有設定」には「表示と分析」の権限も含まれており4種類を組み合わせて設定することができます。

 

ユーザー管理

ユーザーの追加・削除など、アカウントのユーザーを管理できる権限です。

編集や共同編集の権限は含まれないため、自分のアカウントと同じ権限を相手に付与したいときは、「ユーザー管理」と「編集」を選択します。

 

編集

管理やレポートに関する基本的な操作とレポートデータの表示が可能な権限です。「ユーザー管理」の権限は含まれておらず、共有設定の権限が含まれています。

 

共有設定

マイレポートやメモの編集など、個人のアセットを作成し共有できる権限です。「表示と分析」の権限が含まれます。

 

表示と分析

レポートと構成データの表示、レポート内でのデータの操作、共有アセットの表示ができる権限です。セカンダリディメンション設定やセグメント作成は可能ですが、共有アセットを共同操作することはできません。一時的にデータを共有したい場合などに使用可能です。

 

詳しくはGoogleアナリスティックスヘルプを参照

https://support.google.com/analytics/answer/2884495

 

データの一部を共有する。

「アカウント」「プロパティ」「ビュー」という3つの階層があり、「アカウント」が最上位の階層、「プロパティ」がサイトやアプリなどの階層、そして「ビュー」が最下位の階層となっています。

データの一部を共有するためにはこの「プロパティ」や「ビュー」の階層で「ユーザー管理」から共有設定をしていきます。

上位階層の権限はそのまま階層に引き継がれるというルールがあります。すなわちアカウントで編集の権限が設定されている場合は階層でも同じ編集の権限を持つということです。

例えば「アカウント」では「表示と分析」の権限しか付与していないユーザーに、「プロパティ」や「ビュー」で「編集」の権限を付与することはできます。しかし、この逆はできません。すなわち、「アカウント」で「編集」権限を付与したユーザーに、「プロパティ」「ビュー」で「表示と分析」の権限に限定することはできないのです。

 

まとめ

複雑な階層さえ理解できればデータの共有は可能になります。自身でお使いになられる際はどのきのうが必要であるかを見極め、それに合った共有の方法をとることでグーグルアナリティクスを最大限に利用し効果的なWEBサイトを運営出来る環境を整えましょう。


SEO対策