ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社、株式会社トレボ

TREVOのスタッフブログ

Blog
2014.11.13.

SEO対策で外部リンクは今でも有効、ただし自然リンクの場合のみ

2014101301最近SEO対策に関する記事が多いですが今回もSEO対策に関する記事になります。
SEO対策にはコンテンツの中身を充実させる方法と外部リンクを獲得する方法の大きく分けて2種類があります。
以前は外部リンク多く集めたホームページ(ウェブサイト)が検索の上位に表示されやすかったのですが近年googleは役立つ情報を提供しているホームページ(ウェブサイト)を検索の上位に表示るように仕様を変更しました。

 

自然リンクとは

webサイトの制作者が検索エンジンの登録や相互リンクなどをせず、質が高く利便性のあるコンテンツを制作して、他のサイトからリンクをされる事です。

 

外部リンクは不要なの?

2014101302
外部リンクでのSEO対策が支流のころは、リンクを多く集めたコンテンツの中身が無いwebサイトが検索の上位に表示されていました。
そのためgoogleは「ペンギン」「パンダ」といったコンテンツ重視の検索アルゴリズムの変更をすることで、外部リンクよりもコンテンツが充実したユーザーにとって有益になるwebサイトが検索の上位に表示するようになりました。
そのため外部リンクの対策は注目されなくなりましたが、実際には外部リンクも検索順位を決定する要素の一部には変わりまりません。

 

外部リンクの意味

2014101303
検索順位を決めるアルゴリズムには様々な要素があるが、webサイトの信頼や重要度を測る要素に外部リンクの分析は重要になります。
ユーザーに役の立つwebサイトは自然にリンクが張られるとgoogleは考えています。
この場合内容のない関連性の無いサイトからのリンクは意味はありません。関連性の高いwebサイトからのリンクが重要になります。

 

まとめ

ホームページ制作(web制作)をするにあたり自然に外部リンクを獲得するには。第3者がリンクを張りたくような有益な価値のあるコンテンツを作成することが重要になります。

ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社