Googleのデスクトップ検索のデザイン変更を撤回

2020.01.29.

ホームページ制作

1月中旬にGoogleのデスクトップ検索結果にファビコンが表示されていましたが、広告と検索結果の区別がつきにくいとの批判があったため、Googleが変更する方針になりました。

新デザインについて

新デザインはモバイル版の検索画面のデザインを踏襲したもで検索結果のタイトルの前にファビコン(正式には「favorite icon(フェイバリット・アイコン)」)が表示されます。
それに伴い広告表記も変更になりファビコンが表示される位置に[広告]と黒い太文字で表記されるようになりました。
変更目的は、検索結果の情報源を従来の検索結果より分かりやすくするのが目的でした。

新デザインの評判

新デザインになってからすぐに、新デザインでは検索結果と広告の違いがファビコン以外に比較するものが無く区別がつきにくいとの批判がありました。
その結果、新デザインは依然のデザインに比べ検索広告のクリック率が4~10.5%増たとの調査結果も出ているようです。
この結果を受けてGoogleは「検索をより良いものにするべく、ファビコンの新たなレイアウトをテストする」と発表しました。
検索結果表示の実験はすでに始まっているようで今現在ファビコンは表示されていません。