ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社、株式会社トレボ

自社更新システム(CMS)

Cms
CMS(コンテンツマネージメントシステム)は、自社すばやく情報を発信する事が出来、外注コストを減らすことができるという面で、多くの企業が取り入れるようになってきています。 システムはブログの更新に近い為、ホームページの知識がなくてもブログ感覚で簡単にページを追加削除する事が可能です。その為御社で、新しい情報・新商品やサービスの発表、商品情報を更新可能なので、外注費がかかりません。   更新頻度が増えるをSEO対策にも効果を発揮するのでSEOにも向いています。自社すばやく情報を発信する事が出来、外注コストを減らすことができるという面で、多くの企業が取り入れるようになってきています。 システムはブログの更新に近い為、ホームページの知識がなくてもブログ感覚で簡単にページを追加削除する事が可能です。その為御社で、新しい情報・新商品やサービスの発表、商品情報を更新可能なので、外注費がかかりません。

CMSとは

ホームページ制作・運用に必要な知識が無くてもサイトの運用・更新する事が可能なシステムです。 CMSとは、『Content Management System』の頭文字を取って略したものです。 日本語に直訳すると、「ホームページ上で提供される文書や動画、音等を管理するシステム」という意味です。

CMSを利用するメリット。

  • CMSで更新できるページは、専門知識が無くても更新が可能
  • 文章・画像の修正・削除・追加が可能
  • ページを増やす事が可能なので、SEOに強い
  • 複数の担当者・部署で更新・管理が可能

CMSで更新できるページは、専門知識が無くても更新が可能

CMSの更新は、必要な項目に情報を入力する事でページの生成・更新が可能なシステムです。
このように、項目に情報を入れるだけでページの追加が出来たりするので、ショッピングカートや自社製品の更新、お知らせ等に利用が可能です。

文章・画像の修正・削除・追加が可能

項目に情報を入れるだけなので、制作会社に発注しなくても担当のスタッフが文章の修正や画像の追加の作業等が可能です。

ページを増やす事が可能なのでSEOに強い

SEOは、更新・ページの追加・コンテンツの内容が重要になってきます。管理というよりは、更新・ページの追加に利用する事でSEO(検索エンジン対策)が出来るという事です。
現在、主流のSEO対策は
・ユーザー(読み手)が望む濃い情報を発信する
・定期的に更新する
・定期的にページを追加する
以上がgoogleで評価されるサイトとなります。

複数の担当者・部署で更新・管理が可能

CMSでは、担当部署毎に更新できるページの設定も可能です。部署毎に担当者を決め、よりスピーディーに濃い情報を発信する事も可能です。 また担当者が代わっても簡単な引き継ぎで、新しい担当者が更新出来ます。
TREVOのホームページリニューアルでは、お客様目標・目的をしっかりとお聞きし、コンセプトや内容を生かしながらも、時代にマッチしたウェブデザインや検索エンジンに検索される為の最適化(SEO)等を行います。