ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社、株式会社トレボ

seo対策

Seo

アクセス数だけのSEO対策以上の対策を見込み客を逃さない対策をしませんか?

SEO対策とは、検索エンジンの最適化の事です。 現在、検索エンジンはYAHOOが6割、Googleが2~3割、MSNが一割程度と言われており、一日のインターネットでのページ観覧数は、10億ページにものぼり、それだけのページが一日に観覧されているということは、ホームページがとても効果的な営業ツールになりえるという事です。
各検索エンジンの上位に表示される事によって、お問い合わせや購入の機会を増やすためにホームページを最適化することをSEO対策を言います。

TREVOの SEO対策 の結果

TREVOでは毎月、自社のSEO対策の結果をブログで公表しています。「大阪 ホームページ制作」や「ホームページ制作 大阪」等、ホームページ制作会社が狙っているキーワードでもしっかりと結果を出して来ました。
SEO対策をする上で、自社のサイトもしっかりと対策し公表する事が大切だと考えているからです。

TREVOのSEO対策とは

現在のSEO対策では、ページの設計、内容・情報が大切な要素となります。 最近、googleでは検索エンジンの制度を上げる為にアップデートを頻繁に繰り返しており、これまでSEO対策の基本だったリンクを増やす作業はマイナスの要素となるようになりました。
現在のSEO対策では、ページの内容(コンテンツ)、更新頻度等が重要になっています。
また、googleのロボットが理解しやすいサイト構造やHTMLソースの調整等もしっかりと行います。

コンテンツの見直し

googleの検索エンジンも重要視するようになったコンテツ内容。
そのコンテツ内容を見直し、再構築致します。コンテツの文章、内容等を見直し、検索で訪れたユーザーへしっかりと効果の出るページ作りを致します。

文章量(キーワードの使用率)の最適化

最適な文章、検索エンジンに効果のでる用に、文章内でのキーワード出現率を調整致します。
ホームページの文章内でのキーワードの使用率は、検索時に大きな影響を出します。

更新出来るページの設置

検索エンジンでは、サイトのページ数や更新頻度でも影響致します。
CMS(コンテツ・マネージメント・システム)の導入で、会社の担当者様でも更新出来るページを追加致します。
詳しくは自社更新・SEO対策システム(CMS)をご覧ください。

HTMLソースの見直し

ホームページは、htmlと呼ばれるプログラム言語で動いています。
時代によって、理想とされるhtmlの構築方法は変わっています。
現在の検索エンジンに合った、htmlソースに書き直します。

キーワード・タイトル分析と最適化

御社のホームページ内容、ページ規模、内容に合った効果の出るキーワードを選定します。
また、検索結果時に出るタイトルを見直します。キーワードと連動するホームページのタイトルを見直す事でよりSEO対策として効果を発揮します

キーワード・タイトル分析と最適化

アクセス解析を設置する事で、キーワードの出現率、重要なキーワード、アクセスの多いページを分析する事が可能となります。
きっちりと分析を行い、アクセスの少ないページや重要なページの強化、サイト内でのユーザーの動きをしっかりと見極めます。

このようにコンテツの強化に力を入れたSEO対策を行っています。
ページの更新は弊社での更新も可能ですが、御社のご担当者様でも更新出来るのでコスト削減が可能です。

SEO対策に強い理由

コンテツの見直しを行う事で、SEO対策と共にお問い合わせ率やページをユーザーに読んで頂けるコンテツを目指します。

TREVOのSEO対策はビッグキーワードだけじゃないからSEOに強い。

1割から2割がビッグキーワードで、その他の8割のスモールキーワード(ロングテールキーワード)を確実に取る事がSEO成功への秘訣です。
9~8割の見込み客を逃さない為にスモールルーキーワード(ロングテール)の事も考えたSEO対策を心掛けています。


その為にはSEO対策だけで十分じゃありません。せっかく検索で訪れたお客様にホームページを見て頂かなければ意味がありません。
サイト全体を見直す事でただのSEO対策以上の効果が期待できます。
そこでホームページのデザイン・内部構造・サイト構成・運営力(更新等)が重要です。
トレボではこれらすべての要素をアドバイス・改善致します。