ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社、株式会社トレボ
TREVO(トレボ)

TREVOのスタッフブログ

Blog
2018.12.05.

キャッチコピーにも様々な深い世界ある話

テレビCMや商品などに書いている「○○はすごい」 「効果を得たいなら○○」などの文章はキャッチコピーといいます。普段、私たちはあたりまえのようにキャッチコピーを見ているかと思われますが、実はこのキャッチコピーにはさまざな種類や仕組みがあることをしっていたでしょうか。

 

別に、キャッチコピーなんていらない。せっかく好きなタレントが出ているテレビCMなのになんかキャッチコピーが目立ってて嫌だという人もいらっしゃるかもしれませんが、キャッチコピーは世の中に必要不可欠なのです。本日は、キャッチコピーが必要な理由や仕組みについて紹介させていただきます。

 

キャッチコピーが必要な理由

キャッチコピーがないと商品が売れません。例えばリンゴがあったとします。もちろん、リンゴ好きの人ならリンゴを即購入するかと思われますが、だいだい普通の人間はめったにリンゴを買おうと思いません。

 

リンゴを買わないと、リンゴ農家の人たちが生活できません。そこで、登場するのがキャッチコピーというものです!リンゴは風邪予防に! ヘルシーな生活をするならリンゴ!というキャッチコピーをつけることによって、リンゴを買おうと思う人が増えてきます。(これで、リンゴ農家の人は安心して生活をおこなえます)

 

さまざまなキャッチコピーの種類

サブキャッチコピー

 

先程から紹介させていただいているキャッチコピーに、補足している形である文章のことをさしています。

リンゴで例えるならリンゴで風邪予防 ~リンゴで元気な体作りを~といった感じです。波線部分がサブキャッチコピーとなります。

 

見出しキャッチコピー

 

見出しキャッチコピーというのは、ブログ記事でよくみられる太文字のことをさします。※別名大見出しともいったりします。その小さいバージョンとして小見出しという言葉も、ありますので覚えておくとよいでしょう。

 

まとめ

本日は、キャッチコピーについて紹介させていただきました。

 

世の中にはさまざまなキャッチコピーがあります。そのキャッチコピーがあるから、私たちは食べていけてるといっても過言ではありません。(少し大げさにいいすぎですが)キャッチコピーはネットショップやインターネット上のブログ記事でもみることができるので、どのようなキャッチコピーがあるのか、一度みてみると面白いですよ。

 

また、キャッチコピーには、サブキャッチコピー見出しキャッチコピー(大見出し)やその小さいバージョンである小見出しといったさまざま種類があります。

 

それぞれのキャッチコピーを比較してみても面白いかもしれませんね。

 

【参照サイト】

広告コピーの6種類とそれぞれの役割

 


SEO対策