大阪のホームページ制作会社 株式会社TREVO
スタッフブログ

オウンドメディア構築に役立つウェブサイト制作の視点

2024.06.14.

ホームページ制作

運用

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

企業が自社のオウンドメディアを構築する上で、Webサイトを適切に制作することは欠かせません。オウンドメディアとは、自社が運営・管理するメディアのことで、自社の商品やサービス、企業理念などを発信する手段として重要な役割を果たします。

本記事では、オウンドメディア構築に役立つWebサイト制作の視点について解説します。

20240214 2

コンテンツ設計が肝心

オウンドメディアにおいて、Webサイト上で発信するコンテンツが最も重要です。そのため、コンテンツの設計段階から慎重に行う必要があります。

具体的には、以下のような点に留意する必要があります。

ターゲット層を明確化する

自社の商品・サービスのターゲット層は誰か、そのニーズは何かを明確にすることが不可欠です。ターゲット層に合わせて、コンテンツの内容やトーンを決める必要があります。

発信する目的を設定する

コンテンツを発信する目的が、販売促進なのか、ブランディングなのか、情報発信なのかによって、コンテンツのテーマや方向性が変わってきます。目的をはっきりさせることが重要です。

キーワードを選定し、コンテンツマップを作成する

SEO対策の観点から、コンテンツに盛り込むキーワードを選定し、コンテンツマップでコンテンツの構成を決める必要があります。階層構造を明確にし、検索エンジンに適切に評価されるようコンテンツを配置します。

更新頻度やコンテンツタイプを決める

ブログ記事の投稿頻度や、記事の種類(ニュース、解説、ガイドなど)を決め込む必要があります。継続的にコンテンツを更新できるかが、オウンドメディアの成功の鍵となります。

読者の行動や反響を見据える

単に情報を発信するだけでなく、読者がどのようなアクション(商品購入、資料請求、問い合わせなど)をとってほしいのかを想定して、そこにつなげるコンテンツ設計を行います。

UIデザインとユーザビリティの重要性

コンテンツ以外にも、ユーザーがWebサイトを閲覧する際の心理的側面にも配慮が必要です。UIデザインとユーザビリティは、オウンドメディアの評価に大きな影響を与えます。

シンプルでわかりやすいデザイン

Webサイトのデザインは、読みやすく、直感的に操作できるように、シンプルでわかりやすいものにする必要があります。無駄な装飾は避け、メインとなるコンテンツが目立つようなレイアウトを心がけましょう。

ユーザビリティを高める工夫

サイトの移動がスムーズにできるナビゲーション設計や、コンテンツの探しやすさを高めるサイト構造、ユーザーがストレスなく閲覧できるレスポンシブデザインなど、ユーザビリティを高める工夫が欠かせません。

多様なデバイスへの対応

近年はスマートフォンやタブレットなど、様々なデバイスからWebサイトにアクセスされます。レスポンシブWebデザインによって、全てのデバイスで最適な表示を実現する必要があります。

アクセシビリティの確保

高齢者や障がい者など、すべてのユーザーにとってバリアフリーなWebサイトであることがアクセシビリティの観点から求められます。コンテンツのテキスト代替や操作性の改善など、アクセシビリティに配慮した設計が重要です。

セキュリティと保守運用体制

オウンドメディアを長期に渡って運営していくためには、セキュリティと保守運用体制の両面から、Webサイトの持続可能性を高める必要があります。

セキュリティ対策の徹底

不正アクセスや改ざん、マルウェア感染などの脅威から、Webサイトとユーザーを守ることが不可欠です。SSLの導入や定期的な脆弱性検査、ログ監視など、多層的なセキュリティ対策を講じる必要があります。

ソフトウェアの定期更新

Webサイトを構築する際に使用するCMS(コンテンツ管理システム)やプラグインなどのソフトウェアは、定期的にアップデートする必要があります。アップデートを怠ると、新しく発見された脆弱性に対処できなくなる恐れがあります。

バックアップとリカバリ体制の構築

万が一の障害に備え、データのバックアップを定期的に行う体制を整備する必要があります。また、障害発生時に迅速に原因を特定し、リカバリできるよう、事前の準備が欠かせません。

運用監視と改善

Webサイトのアクセス解析やユーザーの行動分析を行い、改善の必要な箇所を特定することが大切です。オウンドメディアは、継続的に改善を重ねることで、より多くのユーザーを獲得できるようになります。

 総合的なコンサルティング力

企業のビジネス目標やターゲット層を的確に捉え、オウンドメディアの狙いや戦略を立案できる力が不可欠です。また、コンテンツ企画からWeb制作、運用、改善まで一貫してサポートできる総合力が求められます。

オウンドメディアの構築では、以下のようなコンサルティングが重要となります。

ビジネス戦略とのすり合わせ

オウンドメディアの目的を、企業の中長期的なビジネス戦略とすり合わせることが不可欠です。売上アップや新規顧客獲得、ブランディングなど、戦略目標を明確にし、オウンドメディアの役割を定義する必要があります。

KPIと分析手法の設計

オウンドメディアの達成目標を設定し、その評価指標(KPI)を決めることが重要です。PVやUU、コンバージョン率など適切なKPIを設計し、Webアクセス解析ツールを使った定量分析と、ユーザーの声を活かした定性分析の両面から、PDCAサイクルを回す必要があります。

ターゲティングとユーザー理解

企業が狙うべきターゲット層の属性やニーズ、行動特性などを、マーケティングデータやユーザー分析から明らかにし、コンテンツ設計に反映させることが求められます。ペルソナの設定など、ユーザーを具体的にイメージすることが大切です。

オムニチャネル戦略の検討

オウンドメディアは、自社ウェブサイトだけでなく、SNSやスマートフォンアプリ、実店舗など、オムニチャネルでの活用方法を検討する必要があります。それぞれのチャネルの特性を踏まえた上で、連携を図ることで、相乗効果を高められます。

専門スタッフによる品質保証

コンテンツライター、Webデザイナー、システムエンジニア、マーケターなど、オウンドメディア構築には様々な専門スタッフが関わります。サイトの企画・制作・運用のそれぞれの段階で、高い品質を保証できるスタッフが求められます。

このように、オウンドメディア構築においては、Webサイト制作はもちろんのこと、上流の戦略立案から下流の運用・改善まで一気通貫したコンサルティング力が欠かせません。

おすすめ記事

ホームページの集客で困ったら見直すポイント|第二回 集客する為のノウハウ

ホームページ制作におけるグロースハックの可能性

訪問者離脱させないトップページの作り方

ユーザーフロー最適化のプロセスと効果的な手法

アニメーションの魅力とユーザーエンゲージメントの向上と情報伝達の効果

大阪のホームページ制作会社TREVOでは、ホームページ制作に関する情報を掲載しています。最短2日で仮サイトを公開するサービスやSEO対策に特化したホームページ制作、オリジナルホームページデザイン、ライティング、リスティング広告、WEBマーケティングなどのサービスをご紹介しています。

経歴: 映像制作の専門学校を卒業後、映像制作(編集・撮影)でのアシスタント、カーナビゲーション用の3DCG制作、PS2用の3DCGゲーム背景制作、16ミリフィルムのデジタル変換業務等を経てWEB制作部門のある会社に就職。株式会社TREVOでディレクション、SEO対策、CMS開発、3DCG制作、映像制作を担当

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

関連の記事

お見積もり