Googleアナリティクスでユーザーのサイトでの行動を調べる

2020.10.08.

アクセス解析

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

Googleが提供するアクセス解析ツールGoogleアナリティクスでは、アクセス数以外にもサイト内でのユーザーの行動(流れ)を調べたりデバイスごとの流入数を調べる事が出来ます。
このようなユーザーの行動を知ることによってサイトの問題点やかつ活用方法が見えてきます。
今回は、基本的なユーザーの行動(流れ)の見方を解説してきます。

検索キーワードを調べる

ユーザーがどのようなキーワードで検索してwebページにアクセスしたのかを知ることが出来ます。
ユーザーがどのような事を知りたいのが目的はなにかを知るのに有効です。
調べるには「集客」>「チャネル」をクリックするとチャネル一覧の表が表示されます。
その中から「Organic Search(オーガニックサーチ)」をクリックすると検索キーワードが表示されます。
(not provided)となっているのは、SSL暗号化でアクセスされたのでキーワードが読み取れなかったからです。
近年はSSLが普及しているので検索キーワードが取得できないケースが多くなっています。
Googleアナリティクスでユーザーのサイトでの行動を調べる

ページごとのアクセスを調べる

ユーザーがどのページをどれだけ閲覧しているかを調べることが出来きます。
各ページのページビュー数や滞在時間などページごとの数値を見る事がきます。
調べるには「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」をクリックすると表示されます。
Googleアナリティクスでユーザーのサイトでの行動を調べる

遷移したページを調べる

ユーザーがwebサイト内でどのように行動したを辿ることが出来ます。
よくあるのが、ユーザーがお問い合わせフォームにアクセスした数値が、送信完了ページでは数値が少なくなっている場合はユーザにとってお問い合わせをすることに何か問題があると考えられます。
その場合は何かお問い合わせページの対策をする必要あると考えられます。
調べるには「行動」>「行動フロー」をクリックすると表示されます。
Googleアナリティクスでユーザーのサイトでの行動を調べる

アクセスされたデバイスを調べる

ユーザーがwebサイトにPC、タブレット、スマートフォンなど、どのようなデバイスでアクセスしたのを調べることが出来ます。
例えば、スマートフォンからのアクセスが多い場合webサイトをスマートフォンユーザにとって使いやすいサイトに修正するなどの対策を行うことが出来ます。
調べるには「ユーザー」>「モバイル」をクリックすると表示されます。
さらに「デバイス」をクリックするとモバイル端末の機種を調べることが出来ます。
Googleアナリティクスでユーザーのサイトでの行動を調べる

まとめ

webサイトにアクセスしたユーザーの行動(流れ)を知ることによって、ユーザーがサイト内のどんなページを見たかったのか、知りたかったのかを理解することで、webサイトの改善をすることができます。
ユーザーにとって使いやすく知りたい情報が掲載しているサイトにするためにはGoogleアナリティクスの情報を解析して理解することが大切です。
今回は基本的なアクセスしたユーザーの情報をの見方を説明しましたが、この情報だけでもwebサイトの改善方向を決める事ができます。
是非Googleアナリティクスを活用してアクセス数の改善をしてみてください。