WordPressで目次を追加するプラグイン Table of Contents Plus ( TOC+ )

2020.08.31.

WordPress

プラグイン

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

WordPressで目次を追加するプラグイン Table of Contents Plus ( TOC+ ) の使用方法やショートコードをまとめました。

Table of Contents Plus で特定の固定ページや投稿ページのみで表示したり非表示にしたりしたい時はショートコードを活用する事で簡単に設定が可能となります。

Table of Contents Plus ( TOC+ )について

Table of Contents Plus ( TOC+ )はWordPressで目次を追加するプラグインで、h1~h6の見出しを目次として表示する定番のプラグインです。

目次機能以外にもサイトマップ生成機能も付属しています。

ショートコード一覧

ショートコードを活用する事で、設定しないページに目次を挿入したり、必要の無いページで非表示にしタイルする事が可能です。

ショートコードを固定ページや投稿ページの編集ページ(テキスト)に挿入する事で設定が可能です。

設定していないページに目次を表示

[TOC]

少数のページにしか目次を必要としないサイトに便利です。以下の属性をサポートしています。

設定しているページで目次を非表示

[NO_TOC]

現在の投稿、ページ、またはカスタム投稿タイプの目次を無効にします。

設定していないページでサイトマップを表示

[SITEMAP]

サイトのすべてのページとカテゴリのリストを生成します。

任意の投稿、ページ、またはテキストウィジェットで使用することができます。このリストが必要な場合は sitemap_posts を使用する事で対応が可能となります。

固定ページのサイトマップを表示

[SITEMAP_PAGES]

以下の属性が使用可能

  • “heading”: 1から6の間の数値で、どのhtmlの見出しを使用するかを定義します。
  • “label”: テキスト、リストのタイトル
  • “no_label”: true/false、リストの見出しを表示または非表示にします。
  • “exclude”。除外したいページやカテゴリのID
  • “exclude_tree”。除外したいページやカテゴリのID(すべての子孫を含む)

カテゴリのサイトマップを表示

[SITEMAP_CATEGORIES]

以下の属性が使用可能

  • “heading”: 1から6の間の数値で、どのhtmlの見出しを使用するかを定義します。
  • “label”: テキスト、リストのタイトル
  • “no_label”: true/false、リストの見出しを表示または非表示にします。
  • “exclude”。除外したいページやカテゴリのID
  • “exclude_tree”。除外したいページやカテゴリのID(すべての子孫を含む)

サイトで公開されているすべての記事のインデックス(サイトマップ)を表示

[SITEMAP_POSTS]

以下の属性が使用可能

  • “order”: テキスト、ASCまたはDESCのいずれか。
  • “orderby”: テキスト、人気のあるオプションは “title”, “date”, “id”, “rand “などです。リストはWP_Queryを参照してください。
  • 「separate」: true/false (デフォルトはtrue)、falseに設定すると最初の文字でリストを分離しません。
    リストの外観をカスタマイズするには、以下のCSSクラスを使用してください。
  • toc_sitemap_posts_section
  • toc_sitemap_posts_letter
  • toc_sitemap_posts_list