ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社、株式会社トレボ

用語集

Glossary
2014.11.07.

CMS

CMSとは、Contents Management System(コンテンツマネージメントシステム)の略で、ウェブサイト ( ホームページ ) を管理する為のシステムで、テキストや画像、レイアウト等のウェブサイトを一元的に管理してウェブサイトのコンテンツを編集、構築できる仕組みのことです。

更新が簡単

ウェブサイト(ホームページ)を構築するにはHTML(ハイパー テキスト マークアップ ラングエジ)やCSS(カスケーディング スタイル シート)などの専門知識が必要になります。
CMSで構築したウェブサイトは専門知識が必要な個所はシステムが制御し、テキストや画像などの情報を入力する個所は専門的な知識が無くても簡単に更新することが出来ます。

 

CMSの機能

■テキストや画像を自由に入力できる。
■一度投稿した記事を修正できる。
■投稿する画像ザイズの変更ができる。
■投稿の予約ができる。
■投稿権限を設けて複数の投稿者を設定できる。
※CMSの種類よって機能が異なります。

 

CMSの種類

WordPress
世界で最も普及しているオープンソースのCMS。コンテンツが動的に生成されます。

 

Movable Type
シックス・アパート社が開発したCMS。動的生成、静的生成の両方でコンテンツの生成できます。

 

EC-cube
商品管理、顧客管理、売上集計等の機能が付いているECサイトに特化したCMS。

 

XOOPS
IDとパスワードが必要な会員向けサービスを構築するのに向いているCMS。

 

Drupal
ホワイトハウス、Firefox、NASAなど海外では実績のあるCMS。

 

ここに掲載したのはほんの一部でこの他にも沢山のCMSがあります。

 

まとめ

CMSと言っても沢山の種類があり、利用する会員サイト、ECサイト、会社紹介のサイトなど用途によって選択するCMSが異なります。
また、デザインが得意、システムが得意などの違いもあります。
目的に合ったCMSを選択することで、スムーズなサイト運営ができます。

アーカイブ