用語集

Glossary
2014.11.28.

CSS

CSS(Cascading Style Sheets、カスケーディング・スタイルシート)とは、ホームページ( ウェブサイト )で表示される文字の色や大きさ、画像の位置指定など、ホームページの見た目を調整するための言語です。HTMLと組み合わせて使用します。

CSSが必要な理由

HTMLはウェブページの要素や文章構造を定義するのに対し、CSSは要素や文章構造をどのように位置して見栄えを制御するのかを指定します。
HTMLでもCSSのような見た目を調整することはできますが、HTMLの本来の役目は文書の情報構造を定義することです。
本来の役目と異なる利用をすると検索エンジンやパソコンに正確な文章構造が伝わらずSEOにも影響します。
また、ウェブブラウザの種類によっては表示が崩れることもあります。
その為、ホームページ( ウェブサイト )の見栄え( スタイル )を制御するCSSが必要になります。

 

CSSの効果

HTMLでた目を調整すると正確な文章構造が検索エンジンに伝わらないどことか、HTML内に表示される要素ごとに修正が必要があります。
CSSは指定した要素の見栄え( スタイル )を一括で管理することができるので、メンテナンス性にも優れています。
また、HTMLの構造がシンプルになり正しく検索エンジンに解釈されSEOも効果的です。