用語集

Glossary
2015.02.18.

DOCTYPE宣言

DOCTYPE宣言とは、webページを制作したHTMLバージョンをブラウザに伝えるもので、HTML文書やXHTML文書の冒頭に記述する宣言文です。HTML文書には何種類かのバージョンがあり、それぞれのバージョンによって使える属性や要素が異なります。

ブラウザはDOCTYPE宣言を見てHTML文書のバージョンを判断して宣言に従い解析と表示を行います。
DOCTYPE宣言の書き方によって、「互換モード」「標準準拠モード」があり、それぞれCSSの解釈の仕方が異なるので表示に違いがあり見た目が変わることがあります。


  
HTML4.01のDOCTYPE宣言
 
■HTML4.01 Strict の場合
<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01//EN”>
  
■HTML4.01 Transitional の場合
<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN”>
  
■HTML4.01 Frameset の場合
<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN”>
  
■XHTML1.0 Transitional
<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN”>
最新のHTML5にもDOCTYPE宣言文が必要ですが表示モードを「標準モード」に設定するために使用されています。
  
■HTML5
<!DOCTYPE html>
  
ホームページ制作をする時は制作するページがどのバージョンのHTML文書を決めて適切なDOCTYPE宣言を行うことが大切です。
間違ったDOCTYPE宣言をすると表示が崩れたりするので注意が必要です。