大阪のホームページ制作会社 株式会社TREVO

オウンドメディア制作

オウンドメディア制作

企業のオウンドメディアとは、企業が責任を持って作成・管理するすべてのコンテンツのことです。
ブランドのデジタルオウンドメディアは、自社のウェブサイトを中心に構成されていましたが、現代では、オウンドメディアには他にもさまざまな要素が含まれるようになりました。
メールキャンペーンは、顧客との連絡や新規顧客の開拓を行うための一般的な手段となり、ソーシャルメディアや動画チャンネルなど、オウンドメディアは様々な方法で発信出来る時代となりました。

オウンドメディア制作以外にも、様々なタイプのホームページ制作が可能です。
タイプ別ホームページ制作の解説」をご確認ください。

価値のあるものコンテンツ制作

ネット社会が発展し情報過多の時代になり、時間の希少価値は上がり、お客様はいかに有益な情報を効率良く取得するのかを重視する様になりました。
長文のマーケティングコンテンツは、消費者に貴重な時間をさらに割いてメッセージを消費してもらうという点で矛盾している面が多々あります。
オウンドメディアパブリッシングの最も基本的な考え方は、消費者に価値のあるものを提供することが重要となります。

教育的な内容や為になるコンテンツ、面白い、笑える、お客様が楽しめるオリジナルコンテンツの制作に注力することでお客様のファン化を目指します。
オウンドメディを最大限活用する事で、お客様との深いエンゲージメントを生み出すことが出来ます。

目標の設定

ソーシャルネットワークやオウンドメディアで質の高いコンテンツを作成する前の基本的なステップは、戦略的なレベルで目標を設定することです。
オウンドメディアを開設する事で何を実現したいのか?
ブランドがその時点で経験していること、対象としているお客様のタイプ、構築するプラットフォームのタイプも変わってきます。
目標を設定する事で、制作するオウンドメディアのプラットフォームや運用方法を決める事が出来ます。
目的を見失わないように、具体的で、測定可能で、達成可能で、関連性があり、時間を限定した目標を立てる事が重要です。
大きな目標設定も大切ですが、ゴールまでの道のりを計画的に設定する事も失敗しないオウンドメディを制作に必要不可欠なポイントとなります。

目標の設定

お客様を理解する

コンテンツマーケティング戦略を構築する際には、お客様が求めているニーズに応える必要があります。
ハイブランドとファストファッションのお客様では、求めているコンテンツは違います。
コンテンツ制作を始める前の主な目的は、購買者の特徴を明確にすることです。
このプロセスには、さまざまな情報源から得られるデータの分析、最終顧客と接する社内の他部署とのミーティング、さらには主要な競合他社の顧客についての手がかりとなる市場調査やベンチマーキングなどが含まれます。
オウンドメディアの戦略では、潜在的な顧客を開拓するため必要なコンテツを制作します。

コンテンツマーケティング戦略

視覚化したコンテツとデザイン

文字だけでは十分ではありません。
優れた写真、分かりやすいビデオコンテンツ、説得力のあるインフォグラフィックは、より多くのお客様に必要な情報を届け、メッセージをより効果的に伝えることができます。
YouTubeは世界で2番目に人気のある検索エンジンであり、2019年にはオンラインビデオの視聴時間がテレビの視聴時間を上回ると予想されています。
特定のメディアや複数のフォーマットの組み合わせで語るのが最適です。
Instagram、YouTube、オーバーザトップストリーミング、Facebookなど、最も利用しているチャンネルを通じてお客様に御社を知ってもらう機会を生み出す事が可能となります。
ソーシャルシェアを通じてより広い認知度を得ることができます。

SNS

社内で専門チームを構成

価値あるコンテンツを大規模に制作するのは簡単なことではありません。
マーケティングやコミュニケーション担当者の中には優れたコピーライターが担当している事が多いですが、適切なレベルの品質を一定の割合で生み出すためには、基本的なことを「内製化」する必要があります。
社内のチームは真の専門家ですから、コンテンツ開発の素質があり、協力したいと思っている人を組織内で募る事で熱量の高いコンテンツ制作の土台を創る事が出来ます。
社内の人たちにとっても、自分のアイデアを取り上げてもらうことで、社内の事業や売上に貢献出来るチャンスを生み出す場として活用する事が可能となります。
コンテンツが話題となりバズる事で評価の対象となります。

チーム

有用性の測定

オウンドメディアの有益性を測定することが重要です。
お客様はより多くのコンテンツ、メッセージング、CTA(行動喚起)に触れる事になります。
お客様が他のメディアで同じブランドストーリーを読んだ場合よりも、パーチェスファネルの奥深くにいることを示唆しています。
購入・お問い合わせを強く意識しているお客様の方が、オウンドメディアを確認します。
評判の高い出版物でメディアに取り上げられることには確かな価値がありますが、ブランドメッセージのすべてを読者に伝えることができるという点で、コンテンツマーケティングは顧客の需要を獲得するための最も効果的な方法のひとつなのです。
成功の主な指標は、読者のエンゲージメント(読者数、滞在時間、消費量)、ブランドインパクト(コンテンツがお客様の行動に影響を与えたかどうか)、コンバージョンや収益などの指標を測定します。

ホームページで使用した画像