大阪のホームページ制作会社 株式会社TREVO

店舗サイト制作

店舗サイト制作

2021年のホームページやショッピングサイトを活用した電子商取引が急増していますが、多くの人はまだ実際に店舗で買い物をしたいと考えている人も多いです。
買い物客の中には、購入したい商品を実際に目で見て、手で触ってから買うことができるので、店頭でのショッピング体験を望む人もいます。
三井住友カードが実施したオンラインサービス利用時のキャッシュレス決済調査では、2020年4月~7月のオンラインサービス利用率は「オンラインショッピング」が78.4%でした。
2019年と比べて約3人に1人の割合となる35.6%が「増えた」と回答しているのも事実です。
今後もオンラインサービスを利用したいという人は8割以上!多種にわたるキャッシュレス決済の選ぶ理由も徹底調査!」より

このような状況に対応するためには、オンライン販売と来店者数のバランスをとることが重要となってきます。

店舗の魅力を発信する

実店舗で買い物をする人でもインターネットを利用して口コミや店舗の雰囲気、取扱商品などをチェックしてから店舗へ買い物へ行くかを判断します。
お客様が店舗への買い物へ来た時にガッカリされないように、しっかりと情報発信をする事で良い口コミを獲得出来るようなホームページ作りが重要です。

手入れの行き届いた店先は、顧客を引き付けるために不可欠な要素の一つです。
ホームページも実店舗と同じで、古い商品がホームページ上に並んだまま更新もされていなければ、商品を購入するどころか、買い物をしたくなくなります。
ホームページは既存のお客様と新規のお客様へ、お店の魅力を伝える為のプラットフォームとなります。

セレクトショップ

オンラインで取り扱い商品情報を提供する

オンラインショップで購入まで出来るようにするのも重要な施策の一つですが、小規模の店舗だどそこまで管理と運用が難しい場合がございます。
ホームページ上にネットカタログを用意する事でお客様が足を運ぶきっかけを生み出す事できます。
ネットカタログに掲載した商品をSNS等で拡散する事によって、ホームページへの流入から実店舗への買い物へ導線を作る事ができます。
CMSを活用する事で、スタッフでも簡単に商品のネットカタログを更新できます。

実店舗の利点を最大限発揮する事を第一に考え、実店舗、店舗のホームページ、カタログ、SNS、モバイル対応、マスメディア、広告等を利用するオムニチャンネル戦略を考えます。

取り扱い商品情報を提供する

クリックアンドコレクトの導入

クリック&コレクトとは、ネットで注文した商品を受取り専用のピックアップポイントで消費者自身商品をが受け取ることです。
ホームページ上のネットカタログから注文または、商品取り置きのフォームを設置する事でクリックアンドコレクトを導入する事が可能です。
ネットショップ運用する場合は、お客様はその場で支払いをする事無く商品を受け取る事ができます。
その際に、店舗に来ていただき『ついで買い』が期待できます。

クリックアンドコレクトの導入

SMSを活用したプロモーション

FacebookやInstagramで店内での体験を共有するようお客様に勧めていますか?
ソーシャルネットワークは購入のアイデアを見つけるための最も影響力のある情報源で、共有を勧めていない場合はホームページ上での販促と販売の機会を逃している可能性があります。
購入したいと思うえる魅力的な商品をソーシャルメディア上で発見されるには、お客様により共有も大切です。
商品が気になったり、購入を考えているユーザーは実店舗の情報をホームページやSNSアカウントをチェックします。

ローカル検索の対策

BWRITEの20代以下の女性は、ネットで選んでお店で買う!?「服の購入についての意識調査」の記事では、「『店舗』の商品から選んで『店舗』で買う」が84.4%、「『ネット』で調べて、『店舗』で試着して『店舗』で買う」が37.3%となっています。

37.3%の人が、直接店に行く前にオンラインで店をチェックすることが多いと答えています。
ローカル検索用にWebサイトを最適化する事は、実店舗運用において重要な施策となっています。
ホームページが価値があることをGoogleに知らせる事で、ローカル検索での対策を行います。

ローカル検索