大阪のホームページ制作会社 株式会社TREVO
                   
スタッフブログ

GooglebotがHTTP/2通信を介してサイトのクロールを11月から開始

2020.09.18.

ホームページ制作

SEO

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

サーバー

Googleのウェブマスター・セントラル・ブログで2020年11月から、GooglebotはHTTP / 2を介して一部のサイトのクロールを開始すると発表しました。
HTTP/2通信は、従来のHTTP通信よりも効率的で高速になります。
ユーザー体験を上げたいGoogleは、HTTP/2対応しているサイトを増やすことが目的だとおもいます。
記事の中で、「HTTP/2の上にクロールされることで、サイトのランキング上のメリットはあるのでしょうか?」という質問に対して「いいえ」と答えていますが、ページの表示スピードがランキング上重要となります。
ボット自体がクロールする事でランキング上メリットが無いという事です。

GoogleがHTTP/2通信のクロールを発表

Googlebot will soon speak HTTP/2」の記事で発表がありました。
一般的には、この変更により、サーバーリソースの使用量の面でクロールがより効率的になると予想されます。
HTTP/2では、Googlebotは複数の接続を必要とする代わりに、サーバーに1つのTCP接続を開き、複数のファイルを並行して効率的に転送することができます。
開いている接続が少なくなればなるほど、サーバーとGooglebotがクロールに費やすリソースは少なくなります。

HTTP/2通信について

HTTP/2 (元々はHTTP/2.0と呼ばれていました) は、World Wide Webで使用されているHTTPネットワークプロトコルの改訂版です。
1997年にRFC2068で標準化されたHTTP 1.1以来のHTTPの最初の新しいバージョンです。

標準化の取り組みは、Chrome、Opera、Firefox、[11] Internet Explorer 11、Safari、Amazon Silk、Edgeの各ブラウザでサポートされていました。
使用されているWebブラウザの約98%がHTTP/2通信の機能をもっている一方、W3Techsによると、2020年8月の時点で、上位1000万のWebサイトの48%がHTTP/2をサポートしているという調査結果がでています。

既存のWebアプリケーションの動作方法を変更する必要はありませんが、新しいアプリケーションは高速化のために新しい機能を利用することができます.
効率的なウェブサイトは、画像やスクリプトなどのリソースをミニマイズ(コードの量を減らし、機能を低下させずにコードの小さな断片を束にしてまとめる)することで、ページ全体をレンダリングするのに必要なリクエスト数を最小限に抑えています。

Googleはユーザーエクスペリエンスを高めるためにHTTP/2通信の標準化を後押ししたい考えがあるのだとおもいます。

ウェブマスター・セントラル・ブログに掲載されていたQ&A

なぜ今、Googlebotをアップグレードするのですか?

GooglebotがHTTP/2をクロールするために使用しているソフトウェアは、本番でも使用できるほどに成熟しています。

早急にサーバーをアップグレードする必要がありますか?

それは本当にあなた次第です。ただし、HTTP/2をサポートしていて、明らかにメリットがあるサイトのみをクロールするように切り替えます。
HTTP/2でのクロールに明確なメリットがない場合でも、Googlebotはh1でのクロールを継続します。

サイトが HTTP/2 をサポートしているかどうかをテストするには?

Cloudflareのブログ記事には、サイトがHTTP/2をサポートしているかどうかをテストするための様々な方法が掲載されていますので、チェックしてみてください。

サイトをHTTP/2にアップグレードするには?

これはお使いのサーバーによります。サーバー管理者やホスティングプロバイダーに相談することをお勧めします。

Googlebotに自分のサイトでHTTP/2を話すように説得するにはどうしたらいいですか?

それはできません。サイトがHTTP/2をサポートしている場合は、HTTP/2を使ってクロールすることができますが、それがサイトとGooglebotにとって有益な場合に限ります。
HTTP/2でクロールしてもリソースの節約にならない場合は、単純にHTTP/1.1でのクロールを継続します。

なぜすべての HTTP/2 対応サイトを HTTP/2 でクロールしないのですか?

私たちの評価では、特定のサイト(例えば、qpsが非常に低いサイト)をHTTP/2でクロールしても、ほとんどメリットがないことがわかりました。
そのため、サイトに明確なメリットがある場合にのみ、クロールをHTTP/2に切り替えることにしました。我々はパフォーマンスの向上を評価し続け、将来的には切り替えの基準を変更する可能性があります。

自分のサイトがHTTP/2以上にクロールされているかどうかを知るにはどうすればいいですか?

サイトが HTTP/2 上でクロールされる対象になると、Search Console に登録されているサイトの所有者は、クロールトラフィックの一部が今後 HTTP/2 上でクロールされる可能性があるというメッセージを取得します。
また、サーバーのログ(例えば、サイトがApache上で動作している場合はaccess.logファイル)を確認することもできます。

GooglebotがサポートしているHTTP/2の機能は?

GooglebotはHTTP/2で紹介された機能のほとんどをサポートしています。サーバープッシュのような機能の中には、レンダリングに有益なものもありますが、まだ評価中です。

GooglebotはプレーンテキストHTTP/2をサポートしていますか?

HTTP/2でクロールするためには、あなたのウェブサイトはHTTPSを使用し、HTTP/2をサポートしている必要があります。これは、現代のブラウザがどのように処理するかに相当します。

Googlebotは、クロールに使用するプロトコルのバージョンを決定するためにALPN拡張機能を使用するのでしょうか?
アプリケーション層プロトコルネゴシエーション(ALPN)は、HTTP/2を使用してクロールすることを選択したサイトにのみ使用され、応答に使用できるプロトコルはHTTP/2のみです。
TLSのハンドシェイク中にサーバーがHTTP/2以外のプロトコルバージョンで応答した場合、GooglebotはHTTP/1.1に戻ってきます。

異なるHTTP/2機能はクロールにどのように役立つのでしょうか?

多くの、しかし最も顕著なHTTP/2の利点のいくつかは、次のようなものです。

  • 多重化と同時実行。開いているTCP接続の数が少ないということは、使用するリソースが少ないということを意味します。
  • ヘッダの圧縮。劇的に削減されたHTTPヘッダサイズは、リソースを節約します。
  • サーバープッシュ。この機能はまだ有効になっていません。レンダリングには有益かもしれませんが、現時点では具体的な情報はありません。

特定の HTTP/2 機能とクローリングとの関係についてもっと知りたい場合は、Twitter で質問してください。

GooglebotのクロールはHTTP/2よりも速くなるのか?

HTTP/2の主なメリットは、サーバー側とGooglebot側の両方でリソースを節約できることです。
h1を使ってクロールするかHTTP/2を使ってクロールするかは、あなたのサイトがどのようにインデックスされるかには影響しないので、あなたのサイトからどれだけクロールするかには影響しません。

HTTP/2の上にクロールされることで、サイトのランキング上のメリットはあるのでしょうか?

いいえ。

大阪のホームページ制作会社TREVOでは、ホームページ制作に関する情報を掲載しています。最短2日で仮サイトを公開するサービスやSEO対策に特化したホームページ制作、オリジナルホームページデザイン、ライティング、リスティング広告、WEBマーケティングなどのサービスをご紹介しています。

板浪雅樹

経歴: 映像制作の専門学校を卒業後、映像制作(編集・撮影)でのアシスタント、カーナビゲーション用の3DCG制作、PS2用の3DCGゲーム背景制作、16ミリフィルムのデジタル変換業務等を経てWEB制作部門のある会社に就職。株式会社TREVOでディレクション、SEO対策、CMS開発、3DCG制作、映像制作を担当

twitter Facebook Pocket LINE はてブ
                   

関連の記事