大阪のホームページ制作会社 株式会社TREVO
                   
スタッフブログ

よく使われる意味の分かりにくいカタカナ英語 Part.2

2015.12.08.

便利なツール

ライフハック

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

20150626-1
この記事のPart.1となる「よく使われる意味の分かりにくいカタカナ英語 Part.1」は11月の17日の公開しました。
Part.2では、「アサイン」、「オンスケ」、「ローンチ」、「レッド・オーシャン」、「ブルー・オーシャン」、「ユーザー」、「リソース」、「コンペティター」、「クロージング」、「リバイス」といったカタカナ英語の意味を紹介します。
前回に引き続き気になるカタカナ英語の意味を紹介して行きたいと思います。

アサイン

任命したり、割当てたり、指名することです。
ビジネス用語としては、プロジェクトなどに要員を確保したり任命する時に使用したりもします。

パソコンの周辺機器等をアサインするなんていう使い方もします。

 

オンスケ

オンスケジュールの略で、予定通り進行している事です。

 

ローンチ

新しいサービスやウェブサイト等を立ち上げや公開、開始する時に使用します。
ゲーム機器等を発売する際に、本体発売と同時に発売されるソフトをローンチタイトルといいます。

 

レッド・オーシャン

(血を血で洗う赤い海)開拓されきった競争の激しい市場の事です。
事例が有るために、参入はし易いですが競争も激しい市場です。

 

ブルー・オーシャン

レッド・オーシャンの逆で、競争相手のいない未開拓市場の事です。

 

ユーザー

サービスや製品等を利用して頂く利用者や消費者の事です。
ウェブサービス等では、ユーザーという呼び方をよくします。

 

リソース

ビジネスでは、人、物、金という三要素の事をリソースといいます。
目的達成の為に必要な要素の事を指します。

 

コンペティター

競合相手や同業者、商売敵の事です。

 

クロージング

見込み客を目標の購入や契約まで決断させる事です。

リバイス

誤字脱字やおかしな表現の文章を修正ではなく、置き換えたり、新しく書きなおす事です。
直訳すると、改定する、改める、見直すという意味になります。

 

まとめ

カタカナ英語って多いですよね。
知らない用語も多いのですが、急に打ち合わせの中でこういったカタカナ英語が出てくるとドキッとします。
なんとなく、ニュアンスはわかるけど、厳密な意味がわからないなんて事も多々あったりしますよね。
そんな時に、どういう意味ですかと聞き返せる空気だったら良いのですが、常に聞き返せる状態では無いので、こうして先に意味を知っておくためにも、この記事を書くだけで勉強になっている気がします。

まだまだカタカナ英語は沢山あるので、定期的にご紹介していければなと思っています。

PR:株式会社TREVOのホームページ制作のポイント

ホームページ制作で成功する為の重要はポイントがあります。高い金額を支払ってホームページを制作する前に抑えておきたいポイントを知っておく事で完 成するホームページが違ってきます。
詳しくは弊社スタッフブログの「ホームページ制作 で成功するための重要なポイント」でも詳しく説明しています。

ホームページを制作する目的を考える

なぜホームページが必要だとおもいましたか?

名刺がわり、製品カタログ、実績の紹介、集客、告知などホームページといっても用途は様々です。 用途によっても必要なページ、デザイン、構成、予算は大きくかわってくるのでまずは目的を明確する事が重要です。 弊社スタッフが詳しくヒアリングを行い、方向性や必要なページ構成、機能等をご提案させていただきます。

ホームページを担当する方がホームページをどの様に活用したいのか?どんなユーザー様にお届けしたいのか?など目的をしっかりと持って一緒に ホームページ制作 取り組んでいただけるとより良いホームページを制作する事が可能です。

ホームページ制作でお困りの方はお問い合わせかお見積もりフォームからお気軽にご相談ください。お見積もりフォームで詳しい情報をご入力いただければ詳細なお見積書を作成させていただくことも可能です。

PR:株式会社TREVOのSEO対策

現在のSEO対策では、ページの設計、内容・情報が大切な要素となります。 最近、googleでは検索エンジンの制度を上げる為にアップデートを頻繁に繰り返しており、これまでSEO対策の基本だったリンクを増やす作業はマイナスの要素となるようになりました。

現在のSEO対策では、ページの内容(コンテンツ)、更新頻度等が重要になっています。 また、googleのロボットが理解しやすいサイト構造やHTMLソースの調整等もしっかりと行います。

TREVOのSEO対策はビッグキーワード だけじゃないからSEOに強い。

1割から2割がビッグキーワードで、その他の8割のスモールキーワード(ロングテールキーワード)を確実に取る事がSEO成功への秘訣です。 9~8割の見込み客を逃さない為にスモールルーキーワード(ロングテール)の事も考えたSEO対策を心掛けています。

その為にはSEO対策だけで十分じゃありません。せっかく検索で訪れたお客様にホームページを見て頂かなければ意味がありません。 サイト全体を見直す事でただのSEO対策以上の効果が期待できます。

そこでホームページのデザイン・内部構造・サイト構成・運営力(更新等)が重要です。 トレボではこれらすべての要素をアドバイス・改善致します。

twitter Facebook Pocket LINE はてブ
                   

関連の記事