TREVOのスタッフブログ

Blog
2020.03.02.

ホームページ を開設する時に知っておきたい ドメインで使用できる文字

ホームページ制作で重要なドメイン

ホームページ  を開設する時に考えるのがドメイン(URL)です。

一般的には短くて覚えやすいドメインが良いのですが、良いドメインはすでに取得されている事が多いです。

そんなドメインで使用できる文字・数字・記号について調べてみました。

 

良いドメインとは?

基本的には短くて覚えやすいドメインが良いので、会社だったら会社名、サービスだったらサービス名のドメインが理想的です。

弊社の会社名は「TREVO」なので、trevo.comが理想なのですが、trevo.comは取得済みだったのでメインとなる事業の ホームページ制作 に関連する web を入れて「 trevo-web.com 」でドメインを取得しました。

このドメインだと、弊社の会社名と合わせてweb屋さんだという印象を持ってもらえると考えました。

言いやすさと覚えやすさも考えて、トレボウェブにしました。

数字を使用する事も可能ですが、数字が入ると覚えにくくなったりする事があるので、あまり好まれない傾向にありようです。

会社名やサービス名に数字が入っていれば別ですが。

 

ドメインについては、弊社用語集の「ドメイン」をご確認ください。

希望のドメインを取得できるかを調べるときは、お名前.comが便利です。

使用できる文字

ドメイン登録できる文字数使用できる文字
ローマ字.com
ローマ字.net
ローマ字.org
ローマ字汎用JP
属性型JP
3文字〜63文字半角英数字 A〜Z、0〜9、-(ハイフン)
日本語.com
日本語.net
日本語文字で1文字〜20文字程度※半角英数字 A〜Z、0〜9、-(ハイフン)
カタカナ、かな、漢字

.comや.co.jp、.jpの違い

.com

国際ドメインと呼ばれており、国籍や業種に関係なく個人でも取得可能なドメインです。取得しやすく運用費用も安いので人気があります。

その一方で、誰でも取得可能なので企業などでは取得されない事も多いドイ面です。

汎用.jpドメイン

日本に在住している者であれば誰でも取得可能なドメインです。

made in japanのように、日本で運用されているホームページだということで.jp を取得する方も多いです。

.co.jp

日本で登記を行っている株式会社、有限会社、合同会社、信用金庫、信用組合、営業法人などが取得可能なドメインです。
ハードルが高く、信頼性の強いドメインとなっています。

.or.jp

財団法人(一般、公益)、社団法人(一般、公益)、医療法人、農業共同組合、生活協同組合、宗教法人、監査法人、特殊法人などの組織や外国政府機関の在日公館、各国地方政府(州政府)等が取得可能なドメインとなっています。

 

ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社