TREVO(トレボ)

TREVOのスタッフブログ

Blog
2016.01.26.

2016年1月13日に最新版ではないInternet Explorer(IE)のサポートが終了しました。

201601262016年1月13日に国内で最大のシェアを誇るInternet Explorが古いバージョンのサポートが終了しました。
サポートが終了したブラウザーを使っているとセキュリティの面で問題があります。
一度、現在使っているInternet Explorのバージョンを確認してみてはいかかでしょうか。
サポートが終了するIEはOSによって異なります。

■該当するOSのIEサポート終了バージョン
Windows Vista : IE7、IE8
Windows 7 : IE8、IE9、IE10
Windows 8 : IE10
Windows Server 2008 : IE7、IE8
Windows Server 2008 R2 : IE8、IE9、IE10

使用しているEIのバージョンをチェック

現在使っているInternet Exploreが最新のバージョンであるかを調べる必要があります。
調べ方は、Internet Exploreの右上にある歯車のアイコンをクリックすると「バージョン情報」の項目があるのでクリックします。
クリックすると現在のバージョンが表示されるので、その時にWindows 7の場合なら「Internet Explor11」と表示されていれば問題ありません。
それ以外のバージョンだとアップグレードする必要があります。

サポートが切れているInternet Explorの問題点

サポートが終了しているたInternet Explorを使っているとセキュリティ更新プログラムやその他の修正プログラムが更新されなくなります。
そのため、サポートが終了してから何らかの脆弱性が見つかってもマイクロソフトか更新プログラムが出ることはありません。
そのまま使い続けていると、無防備のままパソコンを使い続けていることになり、ウイルスの侵入やシステムの乗っ取り、情報漏えいに繋がる可能があります。

サポートが切れたInternet Explorの対策

サポートが切れたInternet Explorを使っているのなら何らかの対策がをしなければなりません。
対策としては以下の内容があります。

1.最新のInternet Explorにアップグレード
2.OSを最新にアップグレードする
3.Google ChromeやMozilla Firefoxなどの他のブラウザーに変更する
この中で一番簡単に行えるのが「1.最新のInternet Explorにアップグレード」になります。
OSがWindows7の場合ならIE11、Windows VistaなららIE9なります。
※各OSでのInternet Explorのバージョン
OSのバージョンによってはIEをアップグレードすることができません。
その場合はOSをアップグレードする必要があります。

次に他のブラウザーに乗り換えるになります。
アップデートができずIEに特にこだわりが無ければ、他のブラウザに変更することで対応できます。ただ古いIEがパソコン内に残っていると脆弱性を攻撃される可能性があります。

まとめ

古いのバージョンInternet Explorは今後脆弱性が見つかっても改善されることはありません。
近年セキュリティ、情報漏えいが騒がれて、個人個人のセキュリティが求められています。
この機会にInternet Explorのバージョンを見直してはいかがでしょうか。