Googleがレスポンシブウェブデザインを推奨する理由

2020.01.16.

SEO

最近、ホームページを制作する際にはレスポンシブウェブデザインを採用する事がほとんどです。

特にコーポレーイトサイトなどでレスポンシブウェブデザインをお勧めしている理由は、Googleがレスポンシブウェブデザインを推奨しているからです。

SEO対策を考えると、どうしてもGoogleの推奨している技術などを取り入れる必要がある事を説明させていただいています。
なぜGoogleがレスポンシブウェブデザインを推奨しているのかをまとめてみました。

Googleの為にレスポンシブウェブデザインを推奨する理由

大きな理由として、Google検索に検索結果を表示するためにロボットを各ホームページに飛ばしてインデックス(ホームページのリスト)を作成しています。

そこでパソコンとモバイル用のページが分かれていると両方のインデックスの管理が複雑になってしまうのと、インデックス自体にも時間がかかってしまう場合があるので、できる限りGoogleのロボットが巡回して素早くインデックスを作成してくれる環境を作る上でレスポンシブウェブデザインが良い理由です。

Googleのロボットに対して正確なインデックス登録をしてもらいやすくなります。

Googleのホームページでも上記に内容を説明してくれています。

Googlebot がサイトをクロールするために必要なリソースを節約できます。レスポンシブ ウェブ デザインでは、1 つの Googlebot ユーザー エージェントがページを一度クロールするだけで済みます。異なる Googlebot ユーザー エージェントが何度もクロールしてコンテンツのすべてのバージョンを取得する必要はありません。Google によるクロールの効率が上がることは、間接的には、サイトのコンテンツがより多くインデックスに登録され、適切な間隔で更新されることにつながります。

ユーザーの為にレスポンシブウェブデザインを推奨する理由

ここからはアクセスしていただくユーザーにとってレスポンシブウェブデザインの重要なポイントまとめます。

・URL1つでパソコンとモバイルのページを管理できるので、SNSなどでリンクを貼った時のリンク共有が簡単になる

・同じ内容のページを2回更新する必要がなくなります。

・リダイレクト(パソコンかモバイルへの割り振り作業)の処理が必要なくなるので表示スピードが上がります。

まとめ

レスポンシブ ウェブ デザイン」でGoogleがレスポンシブウェブデザインについて解説しています。

レスポンシブウェウデザインはSEO対策を行う上で大切な施策です。Googleが推奨しているからとりあえずレスポンシブウェブ化するのではなく、Googleがなぜ推奨している理由を知る事で、検索してページにアクセスしてくれるユーザーにとってより良い環境、情報などがそろったページを提供する事が大切です。
Googleが推奨している施策のほとんどは、 ユーザーにとってメリットの大きい事が多いです。

Googleに目を向ける事も大切ですが、ユーザーにとってより良いホームページを制作する事が、SEO対策を成功させるためには必要です。