TREVO(トレボ)

TREVOのスタッフブログ

Blog
2014.10.28.

便利なオンラインストレージサービスが意外と知られていなかった

20141028-1ホームページ制作の仕事をしていると写真やデータ等をオンライン上保管できるオンラインストレージサービスを利用することがあります。
使い勝手がよく便利なオンラインストレージサービスですが、知らない方も意外といらっしゃります。

 

意外と知られていないオンラインストレージサービス

20141028-2_s1
ある調査で1,077人にアンケートをとったところ
■利用している・利用したことがあるが 18.8%
■知っているが利用したことはない 30%
■ストレージサービスが何か知らない 51.2%
半数以上の方が知らないと結果がでています。

20141028-3_s1
また、利用しているストレージサービスを調べたところ
■Dropbox 50%
■Yahoo! ボックス 38.6%
■Onedrive 28.2%
■GmailDrive 21.8%
といった結果がでました。
Dropboxの魅力はパソコンの専用フォルダにデータを保存すると自動的にWeb上のデータも更新される便利さが人気の理由だと思います。
Dropboxは人気がありますが個人的には無料で利用できる容量が2GBと少ないので、
無料で容量が15GB使えるOnedriveを利用しています。

 

上位4つのストレージサービスの特徴

■Dropbox
オンラインストレージサービスでは老舗のDropboxは、初期状態で無料で2GBまで利用可能。
Facebookアカウントとリンクや友だちをDropboxに紹介する等の作業を行うと紹介最大17.875GBまで容量が増やせます。

■OneDrive
Microsoftが運営しているOneDriveは、無料で15GBまで利用可能。
以前はSkyDriveの名称でした。Windows8を利用すると半強制的に利用させられます。
Microsoft Officeの互換性は高くブラウザ上でExcel等Office製品の文書を閲覧・編集ができます。

■GmailDrive
Googleが運営しているGmailDriveは、無料で15GBまで利用可能。
特長の1で、Webブラウザー上で、文書などの作成・編集ができます。
Microsoft Officeの製品を編集できたりしますが、数式が入ったエクセルファイルやオートシェイプを利用しているファイルは表示が崩れたりすることがあります。

■Yahoo! ボックス
Yahoo!が運営しているYahoo!ボックスは無料で5GBまで利用可能。
Yahoo!プレミアム会員になると、50GBまで無料まで利用可能できます。
クラウドとPCを同期するためのフォルダは、Cドライブにしか作れません。

まとめ

働いている業種や環境によってITに関する情報の収集の違いや利用方等が異なるので、私たちの様なホームページ制作会社では当然知っていることも他の業種によっては知らない事もあります。その逆で私たちが知らない事も沢山あります。
お客様と話をさせて頂くとよくこのような事に気づかされることがあります。