TREVOのスタッフブログ

Blog
2015.09.04.

モバイル向けSEOで アプリダウンロード インタースティシャル で検索順位ダウン

2014101303
Googleが運営するブログ、ウェブマスター向け公式情報でモバイルサイト検索で画面一杯に広告を表示させるアプリダウンロード インタースティシャルを利用しているサイトは、11月1日以降は検索結果の評価を下げると発表されました。
モバイルフレンドリーでは無いというのが大きな理由です。

アプリダウンロード インタースティシャルとは

アプリダウンロード インタースティシャルは、スマホ画面を覆い尽くす広告で自社アプリのダウンロードへユーザーを促す広告の事です。
googleウェブマスター向け公式情報の「アプリバナーでよりモバイル フレンドリーなウェブページを」では、下記の図にもある通り、スマホの画面を全て覆い隠すような広告はページ内のコンテンツをみたいユーザーのエクスペリエンス(体験)を損なうと判断したようです。
スクリーンショット 2015-09-04 11.27.06
※googleウェブマスター向け公式情報の「アプリバナーでよりモバイル フレンドリーなウェブページを」より参照

 

モバイルSEOツールでテストが出来る

Googleが提供するモバイルサイトをテスト出来るサービスでは、すでにこのアプリダウンロード インタースティシャルで、評価が下がるかを確認する事が出来るようになっています。

アプリダウンロード インタースティシャルだと判断された場合は、しっかりとレポートに表示され修正する様に指示が出るので、心当たりのある場合は自身のサイトが大丈夫かチェックしておきましょう。

 

代替え案として

アプリインストールバナーを利用する事を進めています。このアプリインストールバナーは、Safari(スマートバナー)や Chrome(インストール バナー)でも推奨されている方法で、画面の上部や下部に細い広告バナーを表示させる方法です。

下部画像の右側がアプリインストールバナーです。

スクリーンショット 2015-09-04 11.27.06
※googleウェブマスター向け公式情報の「アプリバナーでよりモバイル フレンドリーなウェブページを」より参照

 

広告の表示方法でも、google検索で評価が下がる可能性が出てきます。
常にgoogleの公式発表に注意して、SEO対策を続ける必要がありますね。
もう一つは、先ほど書いたチェックツールを利用して、たまにサイトをチェックしておくと良いでしょう。