TREVOのスタッフブログ

Blog
2015.08.31.

過去の記事を見直す事もSEO対策になる

20140523
一度書いたブログ記事を書き直し、見直す事はSEO対策として効果的です。
ブログの記事や、作成したページを見直す事でページの滞在時間を伸ばしたりコンバージョン率を上げる効果もあるので、定期的に過去のブログ記事やページの見直しをお勧めします。

どのような見直しが必要か

Seo

  • タイトルとディスクリプションの見直し
  • 記事の情報が古くないか?
  • 文章の追記が必要ないか?
  • 関連のある記事同士のリンクを追加

大きくは以上の4つのポイントを意識しながら過去のコンテンツをチェックする事をお勧めします。
全ての記事やページを見直すには時間と手間が掛かるため、人気のある記事やページを中心に見直すのと、読んでもらいたい記事の見直しの2つを中心に行っていくと良いでしょう。

 

タイトルとディスクリプションの見直し

タイトルとディスクリプションでキーワードを盛り込むのはもちろんですが、検索結果に表示た時にユーザーに取って魅力的なタイトルかどうかも大切な要素になってきます。
ページヘの流入を考えたタイトルやディスクリプションとメインとなるキーワードを見直しましょう。

 

書き直しと追記

記事の情報が古い場合、書きなおしたり追記する事でページの滞在時間を増やす事が出来ます。
記事のボリュームも増えることでgoogleからの評価も上がるため検索順位が上る可能性が高くなります。
さらに、記事の品質もあがるのでユーザーが固定のユーザーが増える効果も期待できるのでお勧めです。

 

関連のある記事同士のリンクを追加

内部リンクが増えるのはもちろんですが、関連のある記事への流入が増えてページビューが上がる可能性があるので、関連する新しい記事へのリンクを追加することも効果的な施策です。
人気のある記事では特に関連ある記事のリンクを追加する様にしましょう。

 

まとめ

ブログの記事などは、書いた事で満足して見直さない人が多いですが、過去の記事やページも新しい情報を入れたり書きなおすことでブラッシュアップする事が出来るのでお勧めです。

企業のページでも、アクセスの多いページでコンバージョンが取れていない場合は理由をしっかりと調べる必要があります。
ユーザーはページ内で必要な情報がなかったのでお問い合わせまで繋がっていないと考えることで、そのページに足りないコンテンツが見えてきます。
いかにコンバージョン率を上げるかをしっかりと考えて、コンテンツをしっかりと更新して行きましょう。