大阪のホームページ制作会社 株式会社TREVO

採用サイトのホームページ制作

採用サイト制作

多くの企業がホームページやSNSを活用しています。
信頼性の高いホームページを持つことがオンライン上でのマーケティングの中心となっています。
ホームページは、企業ブランドを紹介したり、幅広い層(潜在的なお客様)にアピールする場として活用される事が多いです。
そんな中で、求人サイトは、多くの人材(募集している求人を埋めるための潜在的な候補者)にアプローチすることができるページです。
現在、求職者の多くはオンラインで求人情報を探しており、多くの企業が優良な求職者に自社の採用ページから応募が欲しいと考えています。
TREVOの採用ページ、採用専用ホームページ制作をご紹介いたします。

採用サイト以外にも、様々なタイプのホームページ制作が可能です。
タイプ別ホームページ制作の解説」をご確認ください。

自社の紹介

求職者は、企業の基本的な部分から調べる傾向にあります。
企業の歴史、創設者、所在地、事業内容、現在の従業員などの情報を求めて、ウェブ上で検索します。
さらに興味を持つと、市場の規模、将来性などを調べる求職者も多く、より有鬚な人材になると将来のビジョンを含めて深く調べています。
その様な求職者に向けて、プレゼンテーションするのが採用ページとなります。

特にインターネットが普及してからの新しい世代の求職者は、明確な経営理念と強い価値観を持つ雇用主を求めています。
ホームページは、潜在的な求職者に、企業が重視している事、従業員が仕事を通じてどの様な価値観を持って働いているのかを調べています。

社員の経歴や仕事内容を伝える事は、重要なコンテンツの一つです。
視覚的に魅力的で親しみやすい方法で紹介する事で、求職者に成功するための経験やスキルを理解してもらうと同時に、企業文化を感じてもらうことができます。
採用サイトに求職者が求めている情報を掲載する事で、企業組織とその使命をよりよく理解することができます。

自社の紹介

職場・仕事の紹介

求職者として企業を調べている訪問者は、仕事の内容や流れを調べます。
オフィスの写真やビデオによる仕事の説明など、「一日の流れ」を含めたコンテンツを用意する事で、求職者は働くとどのような1日になるのか明確にイメージすることができます。
従業員の声やブログ記事は、企業文化や候補者に適した特性について、一人称で説明してくれるコンテンツです。

目的

申請プロセスを簡素化

採用サイトの重要なポイントとして、申請フォームまでの導線と申請フォーム自体を簡素化が重要となります。
構成・設計の段階から、どのページからでも簡単に申請フォームにアクセスしてもらい、フォームから申し込みを行ってもらう必要があります。

潜在的な求職者は、ホームページ自体を企業のイメージに重ね合わせて見ています。
使いにくかったり、手間のかかる応募方法では、企業の印象が悪くなってしまいます。
さらに、スマートフォンでの応募方法を見つけられないスマホユーザーは、落胆してしまい応募自体をやめてしまう可能性が高くなります。
ホームページ自体のデザインが悪いと、企業が時代に遅れているという印象を与えてしまいます。
TREVOでは、構成・設計からトレンドを取り入れたデザインで、企業のブランドイメージを向上いたします。

フォーム

モバイル対応

スマートフォン用に最適化されていない採用サイトや求人情報ページは、応募の対象から外れる可能性が高くなります。
画面を拡大したり、目を細めたり、常に画面を移動したりするよりも、古い企業と感じてそのまま離脱し、二度と戻ってこない可能性があります。
TREVOでは多くのスマーフォン対応(レスポンシブ・ウェブデザイン)のホームページを制作してきております。

モバイル対応