大阪のホームページ制作会社 株式会社TREVO
スタッフブログ

2015年から2020年のデスクトップ版とモバイル版のブラウザシェア率

2020.08.07.

ホームページ制作

SEO

運用

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

ブラウザのシェア率

スタッフブログで「2015年から2020年の5年間の検索エンジン シェア率を調べてみた」と「2020年7月 世界でのCMS使用率とシェアとWordPressのバージョンごとのシェア率」の2記事を書きました。

そこで、ホームページ制作で重要になるブラウザのシェア率を5年間のスパンで調べました。

ひと昔前はブラウザ毎に調整が必要で面倒な作業が多かったのですが最近は安定してきている印象です。

最新は自動アップデートに対応しているブラウザも多く、ホームページ制作の現場としては助かっています。

デスクトップ版ブラウザのシェア率

Google製のChromeのシェアが伸びてマイクロソフト製のIEが落ちているのが良くわかります。

今年に入ってGoogleが開発しているクロミウムのオープンソースを利用してマイクロソフトが開発したEdge(クロミウム)がいきなり8%のシェア率を獲得しています。

ブラウザは日々進化しているので今後の動向が楽しみです。

2015年7月~2020年7月のデスクトップ版ブラウザシェア率

StatCounter Global Stats – Browser Market Shareを参照
デスクトップブラウザ市場シェア日本
2015年7月-2020年7月

 

DateChromeIEFirefoxSafariEdgeOperaEdge(クロミウム)Other
2020年7月58.43%9.23%7.54%9.63%4.09%0.8%8.21%2.07%
2019年7月59.79%13.72%8.13%8.69%7.81%0.68%0%1.18%
2018年7月51.36%18.35%10.44%10.15%7.03%0.73%0%1.94%
2017年7月42.2%25.44%16.73%7.1%5.85%1.1%0%1.58%
2016年7月40.62%26.35%17.35%7.92%4.76%1.22%0%1.78%
2015年7月33.82%43.82%13.9%5.96%0.03%1.24%0%1.23%

モバイル版ブラウザのシェア率

モバイル版はiPhoneに搭載されているSafariのシェア率が落ち始めているのが気になります。

Safariのシェア率がおちてChromeのシェアが上がっている背景には、格安のアンドロイドスマホが出回っているのが影響している可能性があります。

アンドロイド版のスマホは、画面の解像度や比率がバラバラなので、レスポンシブウェブデザイン対応のホームページを制作する時に注意が必要です。

5年前のAndroid標準ブラウザからChromeにシェアが移動しています。

モバイル版ブラウザのシェア率

StatCounter Global Stats – Browser Market Shareを参照
モバイルブラウザ市場シェア日本
2015年7月-2020年7月

 

DateSafariChromeAndroidSamsung InternetOperaFirefoxOther
2020年7月59.8%34.04%0.7%3.09%0.33%0.54%1.5%
2019年7月65.28%27.63%1.02%3.78%0.33%0.33%1.63%
2018年7月65.13%29.48%1.31%2.17%0.25%0.24%1.42%
2017年7月63.08%27.71%3.64%2.74%0.49%0.13%2.21%
2016年7月67.13%19.1%7.54%2.86%0.4%0.13%2.84%
2015年7月64.65%16.19%17.22%0%0.24%0.19%1.51%

主要なブラウザの紹介

Chrome(Google)

Google Chromeは、Googleが開発したクロスプラットフォームのウェブブラウザです。
2008年にMicrosoft Windows向けにリリースされ、その後Linux、macOS、iOS、Androidに移植され、OSに組み込まれたデフォルトブラウザとなっています。

Chromeのソースコードのほとんどは、GoogleのフリーでオープンソースのソフトウェアプロジェクトChromiumを採用しています。
Chromeはフリーウェアとしてライセンスされているのが特徴です。 WebKitは元々のレンダリングエンジンであったが、Googleは最終的にそれをフォークしてBlinkエンジンを作成しています。

IE(Internet Explorer)

Internet Explorerは、Microsoftによって開発された一連のグラフィカルなWebブラウザであり、1995年からオペレーティングシステムのMicrosoft Windowsラインに含まれています。
最初にリリースされたのは、その年のWindows 95用のアドオンパッケージプラス! その後のバージョンは無料ダウンロードやサービスパックとして提供され、Windows 95やそれ以降のバージョンのWindowsのOEMサービスリリースに含まれていました。
Internet Explorerはかつて最も広く利用されていたウェブブラウザであり、2003年までに約95%の利用シェアがピークでした。

1990年代に支配的なブラウザであったNetscapeに対して、Microsoftがバンドルを利用して最初のブラウザ戦争に勝利しましたが、Firefox(2004年)やGoogle Chrome(2008年)の登場や、Internet ExplorerをサポートしていないAndroidやiOSなどのオペレーティングシステムの人気の高まりに伴い、利用シェアは低下し続けました。
2015年3月17日、MicrosoftはWindows 10端末のデフォルトブラウザとして、Microsoft EdgeがInternet Explorerに代わることが発表されました。

Edge

Microsoft Edgeは、Microsoftが開発したWebブラウザです。
2015年にWindows 10とXbox One向けにリリースされ、その後2017年にAndroidとiOS向けにリリースされ、2019年にはmacOS向けにリリースされています。

元々はMicrosoft独自のブラウザエンジンEdgeと同社のChakra JavaScriptエンジンで構築されていたEdgeは、2019年にChromiumベースのブラウザとして再構築されBlinkとV8エンジンを使用しています。
この変更(コードネームAnaheim)の一環として、MicrosoftはWindows 10に加えて、Windows 7、8、8.1、およびmacOS上でEdgeのプレビュービルドを利用できるようにした。
その後、2020年1月15日に最初のパブリックリリースが行われ、2020年6月MicrosoftはWindows 7、8.1、およびバージョン1803からバージョン2004までのすべてのWindows 10のバージョンに対して、Windows UpdateによるEdgeの自動ロールアウトを開始しています。

Firefox

Mozilla Firefox、または単にFirefoxは、Mozilla Foundationとその子会社であるMozilla Corporationによって開発されたフリーでオープンソースのWebブラウザです。

Safari

Safariは、AppleがWebKitエンジンをベースに開発したグラフィカルなWebブラウザです。
2003年にMac OS X Pantherでデスクトップ版がリリースされたのを皮切りに、2007年にiPhoneが登場してからはモバイル版がiOSデバイスにバンドルされているブラウザです。
AppleデバイスではSafariがデフォルトのブラウザとなっている。2007年から2012年まではWindows版が利用可能でしたが現在はWindows版の開発は行われていません。

Opera

Operaは、Opera Softwareによって開発されたMicrosoft Windows, Android, iOS, macOS, Linuxオペレーティングシステム用のフリーウェアのウェブブラウザです。
1994年にTelenor社で研究プロジェクトとして構想され、1995年にOpera Software社に買収されました。
最初の10年間は商用ソフトウェアで、独自のPrestoレイアウトエンジンを搭載し多くの賞を受賞したが、2013年にChromiumへの移行という節目を迎え、Prestoの開発は終了しています。

板浪雅樹

経歴: 映像制作の専門学校を卒業後、映像制作(編集・撮影)でのアシスタント、カーナビゲーション用の3DCG制作、PS2用の3DCGゲーム背景制作、16ミリフィルムのデジタル変換業務等を経てWEB制作部門のある会社に就職。株式会社TREVOでディレクション、SEO対策、CMS開発、3DCG制作、映像制作を担当

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

関連の記事