2020年7月 世界でのCMS使用率とシェアとWordPressのバージョンごとのシェア率

2020.07.31.

ホームページ制作

WordPress

SEO

運用

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

CMS WordPress

国別の表を見つける事が出来なかったので世界でのシェア率となりますが、人気CMSの動向は分かると思います。
ホームページ制作でCMSは必要不可欠なシステムとなり、その中でもWordPressは無料で気軽にカスタマイズが可能なCMSとなっています。
弊社でもWordPressでのホームページ制作がほとんどですが、CMSのシェア率を調べる事で新しいCMSの導入テストにつながるかもしれないので、常にシェア率は気にして事が重要です。
近々、ブラウザのシェア率も記事にまとめます。

2020年7月のCMSシェア率

74種類のCMSシェア率となります。
w3techs.comですべてのデータを確認する事が可能です。

圧倒的にWordPressが一人勝ちの状態です。
国内ではMovable Typeの使用率はまだ高いと感じているのですが、世界のシェア率では0.1%以下の中に含まれています。
有料のCMSはシェア率を上げる事が難しいようです。

CMSのみのシェア率

WordPress37.8%
Shopify2.7%
Joomla2.3%
Drupal1.6%
Squarespace1.5%
Wix1.4%
その他52.7%

CMSを使用していないサイトも含んだシェア率

CMSを利用していないホームページが4割あるというのも驚きです。中には独自のフレームワークを用意したりする大規模サイトから、チラシ代わりの1ページのサイトや、ドメインのみで運用しているサイトなど様々だとは思いますが、意外とCMS無のサイトが多かった印象です。

CMS無し40.6%
WordPress37.8%
Shopify2.7%
Joomla2.3%
Drupal1.6%
Squarespace1.5%
Wix1.4%
その他12.1%

6位までのCMS

WordPress

WordPress(WP、WordPress.org)は、PHPで書かれた無料のオープンソースのコンテンツ管理システム(CMS)であり、MySQLやMariaDBデータベースと組み合わせて利用することができます。
機能としては、プラグインアーキテクチャとテンプレートシステムがあり、WordPress内では「テーマ」と呼ばれています。
GoogleもWordPressの利用を推奨しており、世界でのシェア率も圧倒的に高いシステムです。

WordPressのサイト

Shopify

Shopifyは、オンラインストアや小売POSシステム向けの独自のEコマースプラットフォームの名称でもある。
2019年6月時点では約175カ国がShopifyのプラットフォームを利用している事業者が1,000,000社を超え、2018年暦の総商品量は411億米ドルを超えたと報告されています。

Shopifyのサイト

Joomla

Joomlaは、株式会社オープンソース・マターズが開発した、Webコンテンツを公開するための無料・オープンソースのコンテンツ管理システム(CMS)です。
JoomlaはPHPで書かれており、オブジェクト指向プログラミング技術(バージョン1.5以降)とソフトウェアデザインパターンを使用し、MySQL、MS SQL(バージョン2.5以降)、PostgreSQL(バージョン3.0以降)データベースにデータを保存し、ページキャッシング、RSSフィード、ページの印刷可能なバージョン、ニュースフラッシュ、ブログ、検索、言語の国際化のサポートなどの機能を備えています
一時期国内でも注目され関連書記が発売されていました。

Joomlaのサイト

Drupal

Drupalは PHP で書かれたフリーでオープンソースのウェブコンテンツ管理フレームワークで、GNU General Public License の下で配布されています。Drupal は、個人のブログから企業、政治、政府のサイトまで、世界中のウェブサイトのバックエンドフレームワークを提供しています。
こちらもJoomla同様、国内でも注目され関連書記が発売されていました。

Drupalのサイト

Squarespace

Squarespaceは、ニューヨーク市に本社を置くアメリカの民間企業で、ウェブサイトの構築とホスティングのためのサービスとしてソフトウェアを提供しています。
同社の顧客は、あらかじめ構築されたウェブサイトのテンプレートを使用し、ドラッグ&ドロップでウェブページを作成する事ができるサービスです。

Squarespaceのサイト

Wix

Wixは、クラウドベースのWeb開発サービスを提供するイスラエルのソフトウェア会社です。ユーザーはオンラインのドラッグ&ドロップツールを使用してHTML5のウェブサイトやモバイルサイトを作成することができます。
国内でもYouTubeなどで広告をみかけた人は多いのではないでしょうか?

Wixのサイト

WordPressのバージョン毎のシェア率

8割近くがバージョン5を使用しているので、しっかりとアップデートが進んでいる印象です。
弊社の感覚だと国内では、サーバーの移転が進まずバージョン3系をしようしている企業もまだまだ多いと感じます。
日本の場合、CMSに限らずテック系のブームは少し遅れて来る印象があるので、現在アップデートが徐々に進んでいる段階ではないでしょうか?
弊社でも出来る限り新しいサーバーへの移転をお勧めしています。

Version 580.00%
Version 418.80%
Version 31.00%
Version 20.20%
Version 10.1%以下

関連の記事

CMSで構築できるショッピングカート Welcart と EC-CUBE を比較

代表的なショッピングカートの運用方法は、パッケージで用意されたシステム、フルスクラッチのオリジナルシステム、ASP型など予算と運用方法によって選ぶ事が可能です。 ホームページ制作 とは違い最初にしっかりと運用方法を決めておく事が重要です。後からショッピングカードの乗り換えが必要な場合、移行費用が必要[...]

  • 板浪雅樹 板浪雅樹
ホームページ制作会社TREVOのブログ 2016年6月の人気記事TOP10

ホームページ制作 会社TREVOのブログ 2016年6月の人気記事TOP10を調べました。 ほとんど変動する事も無い順位でしたが、40インチ4Kモニタの記事やパワーポイントの無料テンプレートサイトを紹介した記事が新たにランクインしています。 ホームページ制作にかかわらず、素材やテンプレート系の記事は[...]

  • Avatar TREVOWP
昨日書いたスタッフブログの記事でSNSの力を再認識しました。

昨日、10月15日に公開したスタッフブログ「世界と日本はこれだけ違う、ブラウザのシェア率」で、通常の2.5倍のアクセス数を記録しました。 [...]

  • Avatar TREVOWP
営業日で今年最後の週となりました。

最近、7インチのandroidタブレットを購入しました。当初nexus7を購入予定だったのですがmicrosdカードが使用できないので中華タブレットを購入しました。 [...]

  • Avatar TREVOWP