• 電話
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ

TREVOのスタッフブログ

Blog
2019.05.10.

Googleスプレッド―シートでホームページ修正の進捗確認シートを作ってみた

ホームページを納品する前にバグ取りでは無いのですが、スタッフ同士でチェックをして修正内容を出していきます。
これまではエクセルのシートを使って管理していたのですが、スタッフ同士でgoogleのアカウントを取得してスプレッドシートで管理する様にしました。
お客様がgoogleのアカウントをお持ちだった場合、内容を共有する事も可能なのでとても便利だったので、簡単にGoogleのスプレッドシートで進捗確認シートの作り方をご説明いたします。

ホームページ修正の進捗管理で欲しい機能

最低限見やすく使いやすい管理表にする為にこれだけの機能があると便利だと思い、以下の機能を入れたシートを作成してみました。

  • 1行目の固定
  • 担当者名や状態のプルダウン(色分け)
  • 更新日や納期をカレンダーから取得
  • チェックボックス
  • 備考や修正内容の入力(改行等)

 

項目名を入れた1行目を固定

1行目は項目名なので固定して表示する設定を行います。

1.項目名を入れて横幅の設定
2.上部メニューの「表示>固定>1行」で設定完了です。

 

プルダウンの作成方法

プルダウンの設定

まずは担当者名をプルダウンで選択出来る様に設定します。
1.対象となるセル上で右クリックで表示されるメニューから「データの入力規則」を選択します。
2.条件の「リストを直接指定」で、右ボックスに対象となる名前を入れ「,」コンマで区切ります。
3.「保存」でプルダウン出来る様になります。

担当者に色を設定

1.プルダウンのセルで右クリックで表示されるメニューから「条件付き書式設定ルール」を選択します。
2.画面右側の設定で「セルの書式設定の条件」で「次を含むテキスト」を選択します。
3.下に入力項目が表示されるので担当者名を入れます。
4.「書式設定スタイル」で色を選択します。(太文字やイタリック等の設定も可能です。)

 

更新日や納期をカレンダーから取得

セルを選択するとカレンダーが表示され日付を選択出来る様にします。

1.対象となるセル上で右クリックで表示されるメニューから「データの入力規則」を選択します。
2.条件の「日付」を選択。
3.「保存」でセルをクリックするとカレンダーが表示されます。

 

チェックボックスの設置

担当スタッフの確認、担当者の確認したかがわかる様にチェックボックスを用意します。

1.チェックボックスを設置したいセルを選択します。
2.上部メニューの「挿入>チェックボックス」で設置完了です。

セル内での改行

セルの中に文章を入れる際に改行が必要になります。
エンターキーを押してしまうと下のセルに移動してしまいます。

windowsでの改行

alt+enter

macでの改行

option+enter

まとめ

弊社では下記の項目で管理をしており、案件によって項目を組み替えたり変更したりする事でより使いやすい形に修正はしています。
スタッフやお客様ででoutlookのアカウントを持っていなくてもgoogleのアカウントを持っているスタッフの方が多いので共有しやすいという点で重宝しています。

1.No(ID)

2.ページ名

3.URL

4.内容

5.担当者(各担当者名と色分け)

6.更新日(カレンダー)

7.納期(カレンダー)

8.状態(終了、不明)

9.備考

10.初期確認(チェックボックス)

11.最終確認(チェックボックス)