ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社、株式会社トレボ

TREVOのスタッフブログ

Blog
2015.09.03.

ユーザが読みたくなるタイトルとSEOを考えたタイトル

20150903検索した検索結果にはページタイトルとページの概要が検索順位に順番に表示されます。ほとんどのユーザーは表示されたページタイトルをみてページにアクセスするかを判断してタイトルをクリックします。
いわばページタイトルはwebサイトへの玄関のようなものです。
ユーザーがクリックしたくなるようなタイトルを考えることがアクセスアップには必要です。

 

関心を持ってもらえるタイトル

例えば「MacBook」を購入したレビューのページを制作するとすると、ページタイトルに「MacBookの購入レビュー」とすると、これで検索結果に表示した場合ユーザーは「MacBookを購入したのか」とだけ思うだけでページにはアクセスしてくれません。例えば「あらゆるものがくっきり映るMacBook購入レビュー」とするとユーザーは、どれだけMacBookのディスプレイはどれだけ鮮明に映るのかなど、興味をもってもらえます。

 

記事の内容

記事の内容はタイトルにそった記事を書くように心がけてください。
大切なのことはタイトルに興味を持ったユーザがページを読んだときに納得、共感などを感じてもらうことです。
納得、共感が得られたwebサイトはユーザの信頼が上がりファンにってもうらうことができます。
ファンになったユーザは検索からではなく直接サイトに訪れてくれるので、アクセスアップには繋がります。
たまに見かけるのが、誤解を招くタイトルでユーザに興味をもたせ、いざアクセスして記事を読んでみるとがっかりするような内容の時があります。いわゆる「釣り」と呼ばれる方法です。しかし、せっかくユーザが興味をもってアクセスしてくれたのに記事の内容が伴っていなければ、ユーザーからの信頼は下がり、二度とアクセスしないと思われてしまいます。
タイトルと記事に内容には注意してください。

 

キーワードを入れタイトル

ページタイトルはSEOにも重要な対策の一つで、検索結果の順位にも影響があるほど大切です。
せっかく書いた記事もタイトルにキーワードが入っていなければ検索結果に反映されにくくなります。

 

まとめ

ページタイトルは、人には興味をもってもらえいるように、検索エンジンにはキーワードが反映されるようにしなければなりません。タイトルは短すぎず、SEOの事をばかり考えてキーワードを盛り込みすぎず、バランス良く考えて決めることが大切です。

ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社