ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社、株式会社トレボ
TREVO(トレボ)

TREVOのスタッフブログ

Blog
2014.10.06.

ロングテールSEOって普通のSEOとどう違うの?

20141006
このホームページでしたら、「ホームページ制作」や「ホームページ制作 大阪」等のビッグキーワードを狙うのが一般的なSEO対策ですよね。
確かに、1つのキーワードでみればビッグキーワードで上位を狙うのは大切なSEO対策の一つです。
でも、このビッグキーワードに固執し過ぎて、検索件数の少ないスモールキーワードを無視しているサイトも多いのではないでしょうか?
そんなスモールキーワードの効果と狙い方について書いていきます。

 

ロングテールキーワードの効果

検索エンジンからサイトへのアクセスの約6割から8割がロングテールキーワード(月間の検索数が1000件以下)だと言われています。
しかもロングテールキーワードは、コンバージョン率(クリックしてもらえる率)が平均20%を超えるキーワードでもあります。
弊社の9月のアクセス数でも、ロングテールキーワードは総アクセスのやく6割となっています。

20141006

この通り、ロングテールキーワードの重要性が見えてきたのではないでしょうか?

 

ロングテールキーワードを増やすには

2014100602

ロングテールキーワードは一気に増やすのは手間と労力がかかる、という事はコストがかかるという事です。
どのようにして、ロングテールキーワードを増やすかと言うと、ロングテールキーワードが含まれるページをコツコツと増やしていく事が大切です。
一般的には、CMSを使ったブログや実績を日々増やしていく事でロングテールキーワードを増やす事が出来ます。
CMSでは

  • TOPページにビッグキーワード
  • カテゴリページにミドルキーワード
  • 各記事にスモールキーワード

と順位をつけ、狙うキーワードを洗い出しコンテンツを増やしていく事が重要です。

行き当たりばった入りにキーワードを増やすよりも、自社のユーザーがどのようなキーワードで検索しているかを調べ、どのようなロングテールキーワードを狙っていくかを考える必要があります。

 

まとめ

実は、ロングテールに関する記事は何度が書いています。それでも最近、お客様の所に行きSEOに関する質問とブログの運用方法を良くされるので、記事にまとめました。

ブログを書く時も、日常の事柄を書くのではなく、どのようなキーワードで検索してほしいのか?対象の読者はだれなのか?等を考えて書くとアクセスアップにつながります。

近々、ブログの書き方についてを記事にしたいと思います。

ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社