スタッフブログ

企業がブログを更新する理由とその効果

2016.09.06.

ホームページ制作

SEO

運用

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

20160806seo
コンテンツマーティングの一環として企業ブログを書く企業が増えてきました。
製品の良さだけでなく、実際に仕事をしている人の性格が反映されたり、企業独自の雰囲気を気軽に感じられるブログは、注目する人が多いです。
その一方で、作ったはいいけれど更新が止まっているという企業もあります。
企業ブログはなぜ更新したほうが良いのでしょうか?

企業ブログの更新する理由と効果

ブログを更新するメリットは主に3つあります。

 

  • ①企業の動きが見える
  • ②SEO対策になる
  • ③購買力を高める

 

順番に見ていきましょう。

①企業の動きが見える

2016090601

ブログは見込み客の獲得に繋がります。新しい案件が発生し、企業を選ぶ時、その企業のブログをチェックするという人は多いです。
どんな会社なのか気になるという興味もありますし、その企業の現在の状況を知りたいという意図もあります。
この時、随時定期更新がされている企業は好印象を持たれやすいです。
逆に、作ったままブログの更新が止まっている企業は動きが見えず「大丈夫かな?」と不安を与えてしまいかねません。
路面店でも、その時々に合わせてディスプレイに変更されているお店と何年もディズプレイが変わらないままのお店では、動きが見える旬なお店のほうが集客力が高いです。
現在の動きが見える企業のほうが、見込み客を獲得しやすいというメリットがあります。

②SEO対策になる

seo-1288976_1280

企業ブログはSEOと相性が良い特徴があります。
ブログを更新することで、企業のホームページそのものが検索上位に表示されやすいです。
一説によると、ブログを週に1回更新する企業と毎日更新している企業とでは、トラフィックに5倍の違いがあると言われています。
毎日更新というと大変そうですが、1000文字程度の記事を書くなら慣れれば30分くらいで更新することも可能です。1日のうちで、たった30分作業するだけで、SEO上位に表示できるというメリットがあるなら、お得と言えるのではないでしょうか。

③購買力を高める

meeting-1019875_1280

企業ブログにも様々な種類があります。
社員の日常風景を日記形式で紹介するブログ、自社の製品を紹介するブログなどなど、内容は様々です。
ただしそのブログにたどり着くまでにはなんらかの検索をしている必要があります。
つまり、ブログを訪れた人はあなたの会社や製品になんらかの興味を持っているということになります。
興味から購買に繋がる為には「販売者を信頼する」か「製品を信頼する」ことが重要になってきます。
そこで大きな役割を果たすのがブログです。
良質なブログであればあるほど、読者の「役にたつ」情報を無料公開されています。
ブログを読むことで、見込み客から一気に成約に繋がる可能性も大いにあるのです。
すぐに成約に繋がらなくても、更新が頻繁であるほど可能性は高まります。
実際に商品を買うときもあまり見たことない企業よりも、テレビCMなどでよく見ている企業の製品を手にとったりしませんか?
ブログを定期的に更新することで、相手に自分たち企業を知ってもらえるというメリットが生まれるのです。

マイナスになる企業ブログとは?

wrong-direction-1084249_1280

ブログを更新することで、集客・見込み客の獲得などのメリットがあることがあることがわかりました。
それでは、逆にマイナスになる企業ブログにはどんなものがあるでしょうか?
それは、発信しているコンテンツの内容が浅かったり、発信そのものをやめてしまっているブログです。
現在は、個人でも趣味の範疇でブログを更新している人もいます。
人気ブロガーになると、下手な企業広告よりも影響力を持っている場合もあります。
もし個人が楽しみながら更新しているブログよりも文字数が少なかったり、内容が浅い記事だったとしたら、読者が興味を持つことは難しいです。
どこまで力を入れるかによって、記事内容に差があったとしても、企業が発信している以上ある程度の情報量は必要です。
また、更新頻度も少なくとも週に2~3回、できれば毎日更新しているくらいの熱意がないと、ブログが乱立しているインターネット業界で目立つことが難しくなってきます。
作ったはいいけれど、中身が伴っていなかったり、更新が止まってしまっているブログはむしろ企業にとってマイナスになりかねないのです。
ただし、200~300位の記事数を量産した後に、更新頻度を下げるというやり方もあります。

更新を続けるには?

frog-1446239_1280

企業ブログを更新するメリットは十分わかったけれど、いざ更新しようとしても続かない。
多くの企業で悩みの種となりがちな問題です。
打開策としては、当番制にしたり、担当者を決めてしまうという方法があります。
企業の中でもブログの責任者を決めて、仕事の一環として更新するシステムを整える、あるいは外注に出すという手段もあります。

まとめ

更新することでメリットの多い企業ブログ。
まだブログを始めていなかったり、作ったけれど止まっているブログがある方は、この機会に見直してみてはいかがでしょうか。

PR:株式会社TREVOのホームページ制作のポイント

ホームページ制作で成功する為の重要はポイントがあります。高い金額を支払ってホームページを制作する前に抑えておきたいポイントを知っておく事で完 成するホームページが違ってきます。
詳しくは弊社スタッフブログの「ホームページ制作 で成功するための重要なポイント」でも詳しく説明しています。

ホームページを制作する目的を考える

なぜホームページが必要だとおもいましたか?

名刺がわり、製品カタログ、実績の紹介、集客、告知などホームページといっても用途は様々です。 用途によっても必要なページ、デザイン、構成、予算は大きくかわってくるのでまずは目的を明確する事が重要です。 弊社スタッフが詳しくヒアリングを行い、方向性や必要なページ構成、機能等をご提案させていただきます。

ホームページを担当する方がホームページをどの様に活用したいのか?どんなユーザー様にお届けしたいのか?など目的をしっかりと持って一緒に ホームページ制作 取り組んでいただけるとより良いホームページを制作する事が可能です。

ホームページ制作でお困りの方はお問い合わせかお見積もりフォームからお気軽にご相談ください。お見積もりフォームで詳しい情報をご入力いただければ詳細なお見積書を作成させていただくことも可能です。

PR:株式会社TREVOのSEO対策

現在のSEO対策では、ページの設計、内容・情報が大切な要素となります。 最近、googleでは検索エンジンの制度を上げる為にアップデートを頻繁に繰り返しており、これまでSEO対策の基本だったリンクを増やす作業はマイナスの要素となるようになりました。

現在のSEO対策では、ページの内容(コンテンツ)、更新頻度等が重要になっています。 また、googleのロボットが理解しやすいサイト構造やHTMLソースの調整等もしっかりと行います。

TREVOのSEO対策はビッグキーワード だけじゃないからSEOに強い。

1割から2割がビッグキーワードで、その他の8割のスモールキーワード(ロングテールキーワード)を確実に取る事がSEO成功への秘訣です。 9~8割の見込み客を逃さない為にスモールルーキーワード(ロングテール)の事も考えたSEO対策を心掛けています。

その為にはSEO対策だけで十分じゃありません。せっかく検索で訪れたお客様にホームページを見て頂かなければ意味がありません。 サイト全体を見直す事でただのSEO対策以上の効果が期待できます。

そこでホームページのデザイン・内部構造・サイト構成・運営力(更新等)が重要です。 トレボではこれらすべての要素をアドバイス・改善致します。

関連の記事

実店舗で経営しているなら MEO対策 をしてみてはいかかでしょうか?

サイトの運営者は、WEBからのアクセスを上げるためにSEO対策やフォロワー数を獲得するためにSNS更新など、店舗のことを知ってもらうために更新作業を日々行っていると思います。 もし自店舗でショップなどの経営をされているな […][...]

  • 衣川知秀 衣川知秀
ホームページ制作で欠かせないCMS、WordPress4.2.2がリリースされました。

WordPressがマイナーアップデートしました。 今回のWordPress4.2.2のアップデートは、セキュリティ上の重大なセキュリティバグを改修しています。 大きな改修はクロスサイトスクリプティングへの脆弱性の改修が […][...]

  • TREVOWP TREVOWP
no image
当社のレスポンシブウェブデザインサイト

前々から弊社の別サイトでレスポンシブウェブデザインに対応させて公開すると宣言してから半年以上がたってしまいました。出来る限り早く公開できるように頑張ってはいたのですが、日常の業務を優先させていた為なかなか進める事ができずにいたのですが、とうとう完成まであと一歩という所まで来たのでご報告致します。 [...]

  • TREVOWP TREVOWP
インターネットでの情報収集 初級編

お客様との打ち合わせの時に、たまに「インターネットで情報を収集する時にどの様な手法を取っていますか?」と質問されます。 いかに多くの情報を取り入れていくかが、このweb業界では重要になってきます。 どの様なデザインが良い […][...]

  • TREVOWP TREVOWP