公共データを視覚化してくれるGoogle Public Data Explorer

2020.06.25.

便利なツール

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

公共データを視覚化してくれるGoogle Public Data Explorer
Google Public Data Explorerは、公開している公共データを折れ線グラフ、棒グラフ、など様々な見やすいグラフや分布図として表示することもでき、作成したデータは共有することもできるのでプレゼンテーションなどの資料非常に役立ちます。
簡単ですがGoogle Public Data Explorerの使い方を解説していきます。

Google Public Data Explorerの使い方

https://www.google.com/publicdata/directoryにアクセスします。
例えば、日本の人口を調べたい場合「例えば、「日本、人口」のボタンをクリックすると、画面左側上部に「出生率」「結婚」」「人口」などのカテゴリーボタンが表示されます。
その中から「人口」のボタンをクリックすると、日本の人口が1899年から2016年までのデータが折れ線グラフで表示されます。

公共データを視覚化してくれるGoogle Public Data Explorer

グラフで見ると、日本の人口は2000年ごろまでは右肩上がりで上がっていたのが2015年から下がり始めていることが分かります。
次に「出生率」のをクリックすると1947年の第一次ベビーブームが終わったあたりから下がりはじめ1970年代前半で少し上昇しているのが分かります。
1970年から1975年が第二次ベビーブームと呼ばれるものでこの期間に生まれた世代は団塊ジュニアと呼ばれています。
その後、出生率はどんどん下がり続けて、第一次ベビーブームの3分の1の出生率になっているのが一目でわかります。
このグラフから、日本の人口は減り続け、出生率も下がっていることが分かります。
公共データを視覚化してくれるGoogle Public Data Explorer
また、年齢別での人口の調べることできます。
「0から14歳」「15~64歳」「65歳以上」と3つの年代の人口を調べることができ、日本の場合「0から14歳」と「15~64歳」の人口が下がり続け、「65歳以上」の人口が上がり続けいることが分かります。
よく言われる少子高齢化がグラフから見て取れます。

その他項目の使い方

「日本、人口」の場合、各都道府県の人口を見比べることもできます。
左の項目から調べたい都道府県をクリックすると選択した各都道府県の人口がグラフ同じ画面内で表示されます。
この場合当たり前ですが東京の人口が他の都道府県に比べて突出して多いのが分かります。

グラフの替え方

右上にあるグラフのアイコンをクリックすると「折れ線グラフ」、「棒グラフ」、「分布図」、「バブルチャート」で表示されます。
知りたいデ―タをグラフ化して資料にあったグラフを作成するのに非常に便利です。
公共データを視覚化してくれるGoogle Public Data Explorer
また、作成したグラフは右上の「リンク」ボタンをクリックすると、共有するためのURLやホームページに埋め込むためのHTMLコードを生成してくれます。

まとめ

今回は日本の人口で説明しましたが、人口以外にも「世界開発指標」を選択すると1人あたりGDPを調べたり、1人あたりのCO2の排出量を調べることも出来ます。
また、日本以外にも他国のデータを調べることができ言語設定を変更することで調べることが出来ます。特に言語設定を「英語にすると日本より調べることができる項目が多くなります。
エクセルのように細かい設定いらずまた、費用もかからずに簡単に色々なデータがグラフ化されるのでマーケティングの資料を作成するにはとても使い勝手にいいツールになると思います。

関連の記事

no image
資料集めは時間がかかります。

ホームページを立ち上げるとなると競合他社のホームページの内容を調べる必要があります。競合他社のサービスの内容と発注して頂いたお客様のサービスの内容の違いを比べたり、抜けている部分に関しては確認をしたりする事も大切です。せっかく新しくホームページを立ち上げたりリニューアルされるお客様のビジネスに役立て[...]

  • Avatar TREVOWP
物を作り出す能力

今、「google誕生~ガレージで生まれたサーチ・モンスター~」という本を読んでいます。ガレージで生まれたと聞くとどこにでもいる若者がガレージで生み出したかのように聞こえますが、googleの創設者はスタンフォード大学出身の超エリートです。 [...]

  • Avatar TREVOWP
2015年度危険なパスワード一覧

ネットニュースで2015年度の安易なパスワードの上位ランキングが発表されました。 ネットショッピング、SNS、CMS、会員登録など、さまざまなネットサービスを多くの方が複数の利用していると思います。 それらのネットサービスを利用するためには必ずログインするためのIDとパスワードが必要となりますが、近[...]

  • Avatar TREVOWP
これからブログ運用やホームページ制作で大切になる文脈について調べてみました。
  • SEO

Google検索は文脈を解析できるBERTというアップデートを行いました。 今後、人工知能が文脈を理解して検索結果に反映するという事なので、SEO対策のブログ更新やコンテンツ制作でも文章の脈略がどの様に判断されるのかを考えて書く必要があります。[...]

  • Avatar TREVOWP
ホームページ制作に関することならお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-83-8567
平日9:00~18:00まで 定休日:土 日 祝