大阪のホームページ制作会社 株式会社TREVO
スタッフブログ

WordPress内のリンク切れをチェック Broken Link Checker

2014.10.21.

WordPress

便利なツール

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

20141022

ホームページを運営しているとリンク先がが閉鎖していたり、入力ミスで間違ったリンクコードを張り付けたりすることがあります。
リンク切れは、サイト訪問者にも迷惑がかかります。運営しているサイトのページ数が多いほどチェックは大変です。
WordPressでホームページを制作していると場合リンクをチェックしてくれるプラグイン「Broken Link Checker」があり自動でリンクが切れていないかを確認してくれます。

 

「Broken Link Checker」の機能

・リンクエラーのチェックを時間ごとに行う
・投稿、ページ、コメントなどのチェック対象が選択できる
・メール通知機能
・リンクエラーの場合は自動で打ち消し線(CSSの装飾)などを適用する

 

インストール

Broken Link Checker」のページにアクセスしてプラグインをダウンロードするか、
「Broken Link Checker」は公式プラグインとして登録されているので、管理画面のプラグインページから検索すると簡単にインストールできます。

インストールすると管理画面の「設定」に「Broken Link Checker」の項目が追加されます。
クリックすると詳細画面が表示されます。

■一般設定
・各リンクをチェック
デフォルトでは72時間ごとにリンクの状態をチェックする設定になっています。

・メールで通知
リンクエラーがあった場合メールで通知するかを設定できます。

・リンクの調整
デフォルトでは打ち消し線が入る設定になっています。
設定はCSSを変更することで可能のです。

■リンクチェック対象
サイト内のチェック対象のページを設定できます。
「投稿」「固定ページ」「ブログロール」「コメント」「カスタムフィールド」について設定できます。
チェックの対象を「公開済み」「予約済み」「下書き」「保留中」「非公開」が選択できます。

■リンク種類チェック対象
リンクの種類を設定できます。
デフォルトでは「HTMLリンク」と「HTML画像」になっています。

■プロトコル & API
チェックに使用するHTTP・APIが選択できます。

■高度な設定
タイムアウトの設定(リンク読み込み時間)の設定などができます。

リンク切れがあった場合

リンク切れがあった場合、「一般」メニュー画面に「リンクエラーを発見しました」と表示されます。
クリックすると、検出されたリンクエラーの一覧が表示されます。

・URLが誤っていたのなら
「URLを編集」
・リンク切れのためリンクを解除するなら
「リンク解除」
・リンク切れでなければ
「リンクエラーでない」

いずれかを選んで対応します。

リンク切れがあるとせっかくホームページに訪れた方をがっかりさせつだけでなくサイトの信用にも関わります。
ページ数が多いほどチェックは難しなるのでインストールすると非常に便利です。

PR:株式会社TREVOのホームページ制作のポイント

ホームページ制作で成功する為の重要はポイントがあります。高い金額を支払ってホームページを制作する前に抑えておきたいポイントを知っておく事で完 成するホームページが違ってきます。
詳しくは弊社スタッフブログの「ホームページ制作 で成功するための重要なポイント」でも詳しく説明しています。

ホームページを制作する目的を考える

なぜホームページが必要だとおもいましたか?

名刺がわり、製品カタログ、実績の紹介、集客、告知などホームページといっても用途は様々です。 用途によっても必要なページ、デザイン、構成、予算は大きくかわってくるのでまずは目的を明確する事が重要です。 弊社スタッフが詳しくヒアリングを行い、方向性や必要なページ構成、機能等をご提案させていただきます。

ホームページを担当する方がホームページをどの様に活用したいのか?どんなユーザー様にお届けしたいのか?など目的をしっかりと持って一緒に ホームページ制作 取り組んでいただけるとより良いホームページを制作する事が可能です。

ホームページ制作でお困りの方はお問い合わせかお見積もりフォームからお気軽にご相談ください。お見積もりフォームで詳しい情報をご入力いただければ詳細なお見積書を作成させていただくことも可能です。

PR:株式会社TREVOのSEO対策

現在のSEO対策では、ページの設計、内容・情報が大切な要素となります。 最近、googleでは検索エンジンの制度を上げる為にアップデートを頻繁に繰り返しており、これまでSEO対策の基本だったリンクを増やす作業はマイナスの要素となるようになりました。

現在のSEO対策では、ページの内容(コンテンツ)、更新頻度等が重要になっています。 また、googleのロボットが理解しやすいサイト構造やHTMLソースの調整等もしっかりと行います。

TREVOのSEO対策はビッグキーワード だけじゃないからSEOに強い。

1割から2割がビッグキーワードで、その他の8割のスモールキーワード(ロングテールキーワード)を確実に取る事がSEO成功への秘訣です。 9~8割の見込み客を逃さない為にスモールルーキーワード(ロングテール)の事も考えたSEO対策を心掛けています。

その為にはSEO対策だけで十分じゃありません。せっかく検索で訪れたお客様にホームページを見て頂かなければ意味がありません。 サイト全体を見直す事でただのSEO対策以上の効果が期待できます。

そこでホームページのデザイン・内部構造・サイト構成・運営力(更新等)が重要です。 トレボではこれらすべての要素をアドバイス・改善致します。

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

関連の記事