大阪のホームページ制作会社 株式会社TREVO
スタッフブログ

Googleのサーチコンソールで速度レポートがアップデートされました。

2020.05.29.

SEO

運用

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

SEO対策で重要な指標となるページの速度が確認できるGoogle Search Consoleで、「ウェブに関する主な指標」がアップデートされました。
これまでは、参考にできないぐらいシビアで、ほとんどが低速として表示されていましたが、アップデートで改善されました。
新しい指標も導入したことで、ユーザーがどの部分で遅いと感じているのかも確認出来る様になりました。

改善点

レポートを3つのグループに分けられました。

  • ステータス別
  • 指標タイプ別
  • URL グループ

レポートでは、モバイルとPCに分かれており、それぞれに[低速]、[改善が必要]、[良好] のタブが用意されています。
それぞれのタブをクリックすると問題となるURLが表示され、問題点を教えてくれます。
弊社の場合は、PCサイトで「CLS に関する問題: 0.25 超」という問題が表示されました。

TOPページに構成を考え直す必要がありそうです。
イメージ画像を廃止してユーザーが求めている情報を分かりやすく上部に表示する必要がありそうです。
デザインも含めて対処方法を考えます。

ステータスの定義

/良好改善が必要低速
LCP2.5 秒未満4 秒以下4 秒を超える
FID100 ミリ秒未満300 ミリ秒以下300 ミリ秒を超える
CLS0.1 未満0.25 以下0.25 を超える

LCP(Largest Contentful Paint)

良いユーザー体験を提供するために、サイトはページが読み込まれ始めてから最初の2.5秒以内にLargest Contentful Paintが発生するように努力する必要があります。
ほとんどのユーザーがこの目標を達成していることを確認するために、モバイルデバイスとデスクトップデバイスでセグメント化されたページロードの75パーセンタイルを測定するのが良いしきい値となります。

ユーザーが URL をリクエストしてから、ビューポートに表示される最大のコンテンツ要素がレンダリングされるまでの時間。
通常、最大の要素となるのは、画像、動画、大きなブロックレベルのテキスト要素です。URL が実際に読み込まれていることが読み手にわかるという点で、この指標は重要です。
レポートに表示される Agg LCP(集計 LCP)は、グループ内 URL へのアクセスの 75% が LCP 状態になるまでに要した時間です。
参照:ウェブに関する主な指標レポート

FID(First Input Delay)

良いユーザー体験を提供するために、サイトは初回入力遅延が100ミリ秒以下になるように努力する必要があります。
ほとんどのユーザーがこの目標を達成していることを確認するために、モバイルデバイスとデスクトップデバイスでセグメント化されたページロードの75パーセンタイルを測定するのが良いしきい値となります。

ユーザーが最初にページを操作したとき(リンクのクリックやボタンのタップなど)から、ブラウザがその操作に応答するまでの時間です。
この測定値は、ユーザーが最初にクリックした任意のインタラクティブ要素から取得されます。この指標は、ページが操作可能になるタイミングを示すものであり、ユーザーがなんらかの操作を行う必要があるページでは重要です。
レポートに表示される Agg FID(集計 FID)は、このグループ内 URL へのアクセスの 75% において、FID がこの値以下であったことを示しています。
参照:ウェブに関する主な指標レポート

CLS(Cumulative Layout Shift)

良いユーザー体験を提供するために、サイトは CLS スコアが 0.1 未満になるように努力すべきです。
ほとんどのユーザーがこの目標を達成していることを確認するために、モバイルデバイスとデスクトップデバイスでセグメント化されたページロードの75パーセンタイルを測定するのが良いしきい値となります。

読み込みフェーズにおけるページ レイアウトの移動量を示します。評価スコアの範囲は 0~1 で、0 は移動なし、1 は移動量が最大であることを意味します。
この指標が重要なのは、ユーザーが操作しようとしたときにページ要素が移動すると、ユーザー エクスペリエンスが低下するためです。
レポートに表示される Agg CLS(集計 CLS)は、グループ内 URL へのアクセスの 75% に対する一般的な CLS の最低値です。
参照:ウェブに関する主な指標レポート

これまで参考にならない事が多かったウェブに関する主な指標ですが、今回のアップデートで重要なポイントが分かりやすくなりました。
ユーザーが快適にホームページを利用してもらえるように改善していきたいと思います。

板浪雅樹

経歴: 映像制作の専門学校を卒業後、映像制作(編集・撮影)でのアシスタント、カーナビゲーション用の3DCG制作、PS2用の3DCGゲーム背景制作、16ミリフィルムのデジタル変換業務等を経てWEB制作部門のある会社に就職。株式会社TREVOでディレクション、SEO対策、CMS開発、3DCG制作、映像制作を担当

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

関連の記事