用語集

Glossary
2014.12.05.

SSL

SSL(Secure Sockets Layer)とはインターネット上で入力する情報を暗号化し安全な通信を提供するプロトコル。プライバシー情報やクレジットカード番号等を重要な情報を安全に送受信することが出来ます。
SSLには共用SSLと専用SSLがあります。

共用SSL

SSLの利用にはウェブサーバーの安全性を証明する証明書を第三者機関から発行してもらう必要があり、共用SSLはレンタルサーバ業者に発行された証明書を指定されたドメインで他の共用サーバーの利用者と共有して使用します。
共用SSLのメリットは専用SSLに比べに安く利用できます。
しかし、レンタルサーバ業者に指定されたドメインでSSLを利用するため、独自ドメインで運営しているホームページ( ウェブサイト )では、SSLで情報を送信する時に共用SSLのURLに代わってしまうので、専用SSLに比べてホームページ( ウェブサイト )の信頼性は落ちてしまいます。

専用SSL

専用SSLは独自ドメインで運営しているホームページ( ウェブサイト )専用の証明書が発行されます。
ドメインが変わる事が無いので共用SSLに比べサイトの信頼性は高いです。
デメリットとして導入コストが非常に高く、場合によってはサーバー代より高くなることもあります。