TREVOのスタッフブログ

Blog
2015.08.26.

読まれていないページを改善するしてアクセスアップ

20150826ページを制作したら多くに人に見てもらいたのですがアクセス解析の滞在時間を見るとほんの数秒で立ち去られているページがあったりします。
制作者にとってはせっかくコンテンツを作成しても、ページビューも少なくあまり読まれず反応が無いと悲しくなるものです。
そんな時は、このまま放っておいてもなにも変わらないので、改善する良いきっかけだと思い前向きに考えてみてはいかかでしょうか。

 

分析して改善する

コンテンツ内容を読み返し、アクセス解析のデータから滞在時間の長い記事が読まれているページと比較をしてみましょう。
例えば、ページタイトルが悪い、記事の内容がぼやけて要点が掴めないなどのたくさんの原因が出てくるはずです。
ページタイトルが悪ければ、キーワードを絡めた変わりやすいタイトルに変更したりまた、記事の内容がぼけているのなら、内容を詰め込みすぎて長い文章を読ませるだけのページになっているかもしれません。
文章を読みやすく編集して、関連する画像などを文章内に入れると読みやすい記事にすることもできます。

 

切り口を変えてみる

例えば製品紹介ページで他のサイトと掲載内容がさほど変わらない場合は読んでもらえません。
そんな時には、製品を使うことによっていつもと生活がどう変わったかを書いてみたり、従来の製品との比較をするなどして他とは差別化を図ることができます。
記事を読む人にとっては製品のスペックは掲載していて当たり前で、その製品を使うことによってどんな変化があるのか、どれだけ便利なのかを知りたいとはずです。
もとも読まれていないページであれば思い切った変更も必要です。

 

まとめ

滞在時間が短くほとんど読まれていない記事の場合、失敗してもいいので改善し続けることが大切です。
もともとページビューが少ないので失敗しても大きな影響はありません。
それより改善しない方が問題です。