大阪のホームページ制作会社 株式会社TREVO
スタッフブログ

ホームページ制作(ウェブ制作)で考える赤色の効果と意味

2014.11.05.

デザイン

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

2014115-1ホームページデザインをする上で色の扱いは非常に重要です。普段なんとなく過ごしている中でも様々な赤、青、緑等、沢山の色があふれています。
今回は情熱、暑さ、危険、怒りの象徴、赤色について紹介します。

 

誘目性が高い色

2014115-2
赤は目立ち視覚誘導の認識がしやすく記憶に残りやすい色です。
注目してもらいたい時や、禁止、危険などの注意を促す時によく使われます。
信号の赤、消防車、ブレーキランプ、パトランプ

 

購買意欲を刺激する色

2014115-3
赤は購買色と言われています。
バーゲンの時になどに赤を基調にした値札やポスターやチラシを見かけることがよくありますがこれは無意識のうちに赤を認識して購買意欲を高める効果を利用しています。

 

食欲を刺激する色

2014115-4
暖色系の色は空腹中枢が刺激されて食欲を増進させる色です。
特に赤色は刺激が強く最も強く食欲を刺激する色です。
唐辛子、タバスコ等の辛さを表す色やトマトやリンゴ等が熟した時の色です。

 

赤色のイメージ

・興奮
・熱や暖かさを
・自己主張を増加
・力強さ
・注目、目立つ
・前向きになる
・購買意欲を刺激
・食欲を刺激
・怒り
・危険
・野性的
・生命力
・情熱
・激しさ

まだまだ沢山ありますがよく赤色で使われるイメージになります。

 

まとめ

赤色は、刺激が強いため購買意欲を掻き立てたいサイトや飲食・食品サイトなどによく使われます。
また、赤色は刺激が強く印象に残りやすいため、サイトデザイン時にクリックして欲しいボタンや読んでほしい文字などに利用しますが使い方を間違えると下品なになってしまう場合がありますので注意して使いましよう。

PR:株式会社TREVOのホームページ制作のポイント

ホームページ制作で成功する為の重要はポイントがあります。高い金額を支払ってホームページを制作する前に抑えておきたいポイントを知っておく事で完 成するホームページが違ってきます。
詳しくは弊社スタッフブログの「ホームページ制作 で成功するための重要なポイント」でも詳しく説明しています。

ホームページを制作する目的を考える

なぜホームページが必要だとおもいましたか?

名刺がわり、製品カタログ、実績の紹介、集客、告知などホームページといっても用途は様々です。 用途によっても必要なページ、デザイン、構成、予算は大きくかわってくるのでまずは目的を明確する事が重要です。 弊社スタッフが詳しくヒアリングを行い、方向性や必要なページ構成、機能等をご提案させていただきます。

ホームページを担当する方がホームページをどの様に活用したいのか?どんなユーザー様にお届けしたいのか?など目的をしっかりと持って一緒に ホームページ制作 取り組んでいただけるとより良いホームページを制作する事が可能です。

ホームページ制作でお困りの方はお問い合わせかお見積もりフォームからお気軽にご相談ください。お見積もりフォームで詳しい情報をご入力いただければ詳細なお見積書を作成させていただくことも可能です。

PR:株式会社TREVOのSEO対策

現在のSEO対策では、ページの設計、内容・情報が大切な要素となります。 最近、googleでは検索エンジンの制度を上げる為にアップデートを頻繁に繰り返しており、これまでSEO対策の基本だったリンクを増やす作業はマイナスの要素となるようになりました。

現在のSEO対策では、ページの内容(コンテンツ)、更新頻度等が重要になっています。 また、googleのロボットが理解しやすいサイト構造やHTMLソースの調整等もしっかりと行います。

TREVOのSEO対策はビッグキーワード だけじゃないからSEOに強い。

1割から2割がビッグキーワードで、その他の8割のスモールキーワード(ロングテールキーワード)を確実に取る事がSEO成功への秘訣です。 9~8割の見込み客を逃さない為にスモールルーキーワード(ロングテール)の事も考えたSEO対策を心掛けています。

その為にはSEO対策だけで十分じゃありません。せっかく検索で訪れたお客様にホームページを見て頂かなければ意味がありません。 サイト全体を見直す事でただのSEO対策以上の効果が期待できます。

そこでホームページのデザイン・内部構造・サイト構成・運営力(更新等)が重要です。 トレボではこれらすべての要素をアドバイス・改善致します。

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

関連の記事