ホームページにサイトマップを設置していますか?

2020.07.03.

ホームページ制作

SEO

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

サイトマップ
ホームページ制作の作業工程の中にサイトマップの作成・設置する作業がります。
サイトマップにはHTMLとXMLの2つの種類があり、HTMLのサイトマップはユーザー(ホームページを見てる人)のために設置し、XMLのサイトマップは検索エンジンのクローラーに対して設置します。
サイトマップの必要性と役割や作り方について解説します。

サイトマップとは?

サイトマップとは、WEBサイト全体のページの構成を示した地図のようなもので、WEBサイトにどのようなコンテンツがあるか一覧で確認できて、ユーザーや検索エンジンにWEBサイトの内容を分かりやすく伝える役目をしています。
ユーザーには探している目的のページを見つけやすくするために、検索エンジンのクローラーに対してWEBサイト内のページを認知してもらうことができます。

ファイルの種類
HTML サイトマップ(検索ユーザー向け):ユーザーのためのサイトマップ
XMLサイトマップ(検索エンジン向け):検索エンジンのためのサイトマップ

ファイル形式 ユーザビリティ向上 クローラビリティ向上
HTMLサイトマップ ×
XMLサイトマップ ×

HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップの特徴はユーザーがWEBサイト全体の構造を把握して、探しているページに素早くたどり着くことができます。
特にサイト規模が大きくなりページが多いサイトにはユーザービリティを向上させる為にも必要です。
TREVOでも下の画像のようにフッターに各ページの階層をまとめたサイトマップを設置しています。

ユーザーが各ページのリンクやカテゴリーを辿って目的のページにアクセスすると凄い手間になってしまうため、このように、ページの階層、ページ名が一目でわかると目的のページへ一気に辿り着くことができます。
次にHTMLサイトマップの効果ですが、検索エンジンのクローラビリティを助ける役目も担っています。
検索エンジンのクローラについてはXMLでの設定が基本ですが、クローラはページ内のリンクを辿ってサイト内を巡回しているので検索エンジンに認知されやすいのでSEO的にも効果があると考えられます。
ただ、HTMLサイトマップを設置したからといって必ず順位が上がる訳ではないですが、検索エンジンのクローラは、クロールしていないページを見つけようとしているのでHTMLサイトマップは設置することが望ましいです。

WordPressのプラグインでサイトマップを作成

HTMLで作成しているサイトは手作業でサイトマップ作成する必要がありますが、WordPressで作成している場合はプラグインでサイトマップ作成することができます。
WordPressのプラグイン「PS Auto Sitemap」を使うと、記事を新規追加した時など自動更新でサイトマップを更新してくれるので、更新忘れを防いでくれます。

XMLサイトマップ

XMLサイトマップはユーザー(ホームページを見てる人)の為ではなく、検索エンジンに対してWEBサイト内のページを伝えることが目的のサイトマップになり、そのためWebページ表示されつことはありません。
一般的には“sitemap.xml”のファイル名でよく作成されています。
XMLファイルの中身は、各ページのURL、優先度、更新日、更新頻度が記述しています。

XMLサイトマップを作成したら必ずGoogle Search Consoleに登録しなければなりません。
Google Search Consoleに登録することによってGoogleの検索クローラーにページ内を巡回してもらうように促すことができます。
特に新しいWEBサイト制作した時や新規ページを作成した時は被リンクが少ないため検索クローラーが訪れにくいためXMLサイトマップをGoogle Search Consoleに登録することによって、検索クローラーに速く巡回してもらえるようになりSEOにも効果があります。

XMLサイトマップの作成

HTMLで作成したサイトの場合は、自動生成ツール「sitemap.xml Editor」を使うことで簡単にXMLサイトマップを作ってもらう事ができます。
1,000ページ程度のサイトならこのツールを使うことをお勧めします。

WordPressで作成したサイトの場合は、「Google XML Sitemaps」のプラグインをインストールしすることでXMLサイトマップを作成することができます。

どちらもXMLサイトマップを作成したらGoogle Search Consoleに登録するようにしましょう。

まとめ

サイトマップは2種ありユーザーにはサイト内の構造の理解と目的のページへのアクセスを容易にする、検索エンジンにはページ内をクロールしてもらい検索結果に反映してもらうことがサイトマップの役目になります。
特に公開したばかりのサイトは、どこからも被リンクがないため、検索エンジンにクロールしてもらうことが難しいです。
検索エンジンにサイトの存在を伝えるためにはXMLサイトマップの作成は重要です。

関連の記事

新年明けましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。TREVOは4日から仕事始めでしたが、取引をさせていただいているお客様のほとんどが7日からの営業になりますので実質今日から本格的に営業になります。 [...]

  • Avatar TREVOWP
SEO対策 キーワード の種類特に スモールキーワード を増やそうとしていますか?

SEO対策 には ビッグキーワード と スモールキーワードというキーワードの種類があります。 検索回数が多い位分、検索上位を狙うのが難しい ビッグキーワード と検索回数は少ないが検索上位を狙いやすい スモールキーワード です。 もちろん ビッグキーワード も重要なのですが、最近の検索ユーザーは複合検[...]

  • Avatar TREVOWP
GoogleからSite KitというWP専用のアクセス等をチェックするプラグインが公開されました。

GoogleからWordPress専用のSEO対策に役立つかもしれないプラグインが公開されました。 このプラグインを導入する事で、WordPressの管理画面から簡易的なアクセス数などをチェックする事が可能となります。 やっとベータ版から正式版がリリースされて、WordPressのプラグイン新規追加[...]

  • Avatar TREVOWP
no image
明日から三日間お盆休みに入りますが

明日から三日間お盆休みに入りますが、このクリエイティブブログは休日の間も更新しようと思います。スタッフブログの水曜日更新はお休みさせてもらいますが、こちらのブログは頑張ります。更新する理由は、3連休の時に体調を崩し6日間程ブログを更新出来ない期間があり、その時に検索結果の順位が思いっきり落ちたからで[...]

  • Avatar TREVOWP