TREVOのスタッフブログ

Blog
2020.03.06.

Google 2020年9月に全サイトを モバイル ファースト インデックス に移行

モバイル ファースト インデックス に対応するレスポンシブウェブデザイン

Googleがウェブマスターブログで「Announcing mobile first indexing for the whole web」という記事の中で、2020年の9月に全サイトを モバイル ファースト インデックスに移行すると発表しました。

記事ではすでに7割のサイトが モバイル ファースト インデックスで検索結果に表示されているそうです。簡略化を理由に2020年9月に全てのウェブサイトを モバイル ファースト インデックス作成に切り替えルトの事です。

モバイルファーストインデックスとは

Googleのウェブマスターブログ「Mobile-first Indexing」では、検索アルゴリズムでホームページのコンテンツ(情報)はモバイルバージョンを使用してそのサイトのページをランク付けし、構造化データを理解し、これらのページの検索かっかを表示するとの事です。

Googleも、現在の検索はスマホなどのモバイル端末の方が多いのでインデックスの作成もモバイル表示のコンテンツから作成し、ユーザーにとってより良い検索結果の表示を目指しているという事でしょう。

モバイルファーストインデックスに備える

Googleが推奨しているレスポンシブウェブデザインでホームページが作成を数めています。

また、モバイル専用のURL(m-dot)の使用はよくないとも書いています。

 

下記の情報もPCサイトとモバイルサイトで統一しておく事をおすすめしています。

  • 表示されるコンテンツ(テキスト、画像、ビデオ、リンクを含む)
  • メタデータ(タイトルと説明、ロボットのメタタグ)
  • すべての構造化データ

レスポンシブウェブデザイン

レスポンシブウェブデザインは、「Googleがレスポンシブウェブデザインを推奨する理由」の記事で詳しく書いています。

パソコンでホームページを開いてブラウザの幅を縮めるとスマホ表示切り替わればレスポンシブウェブデザインに対応しているサイトだと説明しています。

このブログも、レスポンシブウェブデザインに対応しているので、横幅を縮めるとスマホ表示切り替わります。

まとめ

弊社でもこの発表前でしたが、SEO対策を考えて現行のサイトをレスポンシブウェブデザインへ改修する依頼が増えております。

この発表がされる前から、GoogleはPCとモバイルサイトの統一が可能なレスポンシブウェブデザインへの移行をすすめて来ました。

今回の発表で、ホームページ制作でレスポンシブウェブデザインの重要性が高くなったと思います。

ホームページ制作 大阪 | 目標を実現するweb制作会社