大阪のホームページ制作会社 株式会社TREVO
                   
スタッフブログ

googleがランディングページ( SEO対策 )に関するガイドラインを更新!!

2015.03.18.

SEO

twitter Facebook Pocket LINE はてブ

株式会社TREVOの月額制ホームページ制作サービス
PR

20140509001
Googleのウェブマスター向け公式ブログで、誘導ページ(ランディングページ)の品質に関するガイドラインを更新しました。
「誘導ページについて、品質に関するガイドラインを更新しました」
最近では、SEO対策の一環としてランディングページを制作する企業も少なくありません。
Googleの見解としては、検索エンジンの為だけに制作された誘導ページは、ユーザーにとっては迷惑(検索体験の品質)な行為になる可能性があるという見解を持っていると発表しました。

Googleの誘導ページに対する定義

Seo
 

  • しっかりとユーザーに関連性の高いコンテンツを示しているか?
  • 誘導ページ内コンテンツと比較して、一般的なキーワードを上位に表示させる事を目的にしていないか?
  • 検索のトラフィックを増やすために既存のコンテンツを使い回していないか?
  • コンテンツやサービスへの誘導ではなく、単純なお金儲けの為のページではないか?
  • 本サイトから誘導ページへのアクセスが出来ない、又は困難ではないか?

 
今回、更新されたガイドラインは以上の5点となっています。
何処までが許されるのかは、個々の判断になるので、何時ものグレーなゾーンが残ります。
そこは自己判断で、ランディングページを制作していく必要があるかなと感じました。

 

普通のランディングページの制作をしていれば問題は無いと思います。
世の中には過剰なページも存在するので、Googleとしては無視できなかったのではないでしょうか?

 

Googleのガイドライン原文

  • ・検索エンジン用に最適化することでサイト内の有用なコンテンツや関連性の高いコンテンツにユーザーを案内することを目的としているか。そうである場合、そのページがサイトのユーザー エクスペリエンスに不可欠か。

  • ・ページのコンテンツが極めて具体的であるにもかかわらず、一般的なキーワードで検索結果の上位に表示されることを目的としていないか。

  • ・検索トラフィックを増やすことを目的に、そのページにサイト上の既存の項目(場所や商品など)をまとめたコンテンツを繰り返して掲載していないか。

  • ・コンテンツや機能において独自の価値はなく、単にお金儲けのためにユーザーを別のページに誘導することのみを目的に作成されたページではないか。

  • ・ページが「孤立」して存在していないか。サイト内の他の場所からそのページへの移動が困難または不可能ではないか。検索エンジンのためだけに、サイト内の他のページやサイトのネットワークからそのページへのリンクを作成していないか。

Googleのウェブマスター向け公式ブログ 誘導ページについて、品質に関するガイドラインを更新しました」より引用

PR:株式会社TREVOのホームページ制作のポイント

ホームページ制作で成功する為の重要はポイントがあります。高い金額を支払ってホームページを制作する前に抑えておきたいポイントを知っておく事で完 成するホームページが違ってきます。
詳しくは弊社スタッフブログの「ホームページ制作 で成功するための重要なポイント」でも詳しく説明しています。

ホームページを制作する目的を考える

なぜホームページが必要だとおもいましたか?

名刺がわり、製品カタログ、実績の紹介、集客、告知などホームページといっても用途は様々です。 用途によっても必要なページ、デザイン、構成、予算は大きくかわってくるのでまずは目的を明確する事が重要です。 弊社スタッフが詳しくヒアリングを行い、方向性や必要なページ構成、機能等をご提案させていただきます。

ホームページを担当する方がホームページをどの様に活用したいのか?どんなユーザー様にお届けしたいのか?など目的をしっかりと持って一緒に ホームページ制作 取り組んでいただけるとより良いホームページを制作する事が可能です。

ホームページ制作でお困りの方はお問い合わせかお見積もりフォームからお気軽にご相談ください。お見積もりフォームで詳しい情報をご入力いただければ詳細なお見積書を作成させていただくことも可能です。

PR:株式会社TREVOのSEO対策

現在のSEO対策では、ページの設計、内容・情報が大切な要素となります。 最近、googleでは検索エンジンの制度を上げる為にアップデートを頻繁に繰り返しており、これまでSEO対策の基本だったリンクを増やす作業はマイナスの要素となるようになりました。

現在のSEO対策では、ページの内容(コンテンツ)、更新頻度等が重要になっています。 また、googleのロボットが理解しやすいサイト構造やHTMLソースの調整等もしっかりと行います。

TREVOのSEO対策はビッグキーワード だけじゃないからSEOに強い。

1割から2割がビッグキーワードで、その他の8割のスモールキーワード(ロングテールキーワード)を確実に取る事がSEO成功への秘訣です。 9~8割の見込み客を逃さない為にスモールルーキーワード(ロングテール)の事も考えたSEO対策を心掛けています。

その為にはSEO対策だけで十分じゃありません。せっかく検索で訪れたお客様にホームページを見て頂かなければ意味がありません。 サイト全体を見直す事でただのSEO対策以上の効果が期待できます。

そこでホームページのデザイン・内部構造・サイト構成・運営力(更新等)が重要です。 トレボではこれらすべての要素をアドバイス・改善致します。

twitter Facebook Pocket LINE はてブ
                   

関連の記事