TREVOのスタッフブログ

Blog
2016.02.23.

TREVOのサイトを順次AMPに対応中


Googleが推奨するAMP(Accelerated Mobile Pages アクセラレイティッド・モバイル・ページ)へ弊社のページも順次対応していっています。
スマホでしか確認出来ないのですが、全ページ対応出来る様に順次WPのテンプレートをAMP化しております。

AMP(アンプ)とは

AMPはGoogleとTwitterが共同で作成したウェブサイトを高速表示する為のプロジェクトです。
AMPの仕様に沿って作成されたページは、googleのモバイル検索結果からリンクされ高速で表示されます。
海外SEO情報ブログの「モバイルウェブが爆速に! GoogleがAMP (Accelerated Mobile Pages) を立ち上げ
」と言う記事で

「AMPの仕様に従って構成されたウェブページは、Google/Twitter側にキャッシュされます。
つまりそのページがあるウェブサイトへのアクセスが発生しません。」

と書いてあります。

 

SEOとの関連性

2014101303

Googleのリチャードさんは、「対応しても順位が上がるわけではないけど、ユーザーの満足度が向上すれば検索順位に影響するだろうね」と言っています。
なので、今は必ず行っておいた方が良い施策ではないですが、将来的に検索順位にも影響するであろう技術ではあります。
その為、早めに対応しておく事にしました。
SEO対策の需要な項目の一つとして「ページの表示速度」があります。

容量の少ないAMPページは、Googleやtwitterが保存しているキャッシュをそのまま返してくれるので、より高速表示が可能となっています。
その為、ユーザーは表示にイラつくことなくページを見る事が出来るので、満足度も上がるという事です。
検索エンジンから評価される「ページの表示速度」が上がるのでSEO対策としても効果的だと考える人が多いですが、まだ確実に上がるという実証データが出ていないので、試験的に導入しているサイトが多いかと思います。

 

TREVOのAMPページ

弊社のサイトは、スマホでURLの後ろに「/?amp=1」を入れるとamp対応ページが表示されます。
スマホでアクセスしてみて下さい。
https://www.trevo-web.com/?amp=1

AMPページのチェックには「Structured Data Testing Tool」で確認が可能です。

gd

 

WPのプラグイン

20150511

WPのプラグインでAMP対応ページを生成してくれるプラグインはあるのですが、固定ページ等が非対応だったので実用にはまだまだ先だと思います。
ただ、弊社が最初に試した時はバージョン0.2で現在0.3が公開されていたので、徐々に使いやすいプラグインになっていくのではないでしょうか?
これから随時バージョンアップしていくと思います。

 

まとめ

TREVOでは自社サイトは実験の場所だと考えています。
もちろん、検索結果のランキングが落ちてしまう様な実験はお問い合わせのコンバージョン率にも関わってくるのでしませんが、新しい技術はどんどん取り入れて効果があるかどうかを試しています。
AMPに関しても、後日このブログで結果を検証してご報告したいと思います。